よい教育とは何か 構造構成主義研究5

  • 31人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 西條 剛央  京極 真  池田 清彦 
  • 北大路書房 (2011年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762827549

作品紹介

教育をめぐるさまざまな問題を解決し,「よい教育」を構想するための原理的方法を気鋭の教育哲学者,教育心理学者らと語り合う。

よい教育とは何か 構造構成主義研究5の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 構造構成主義のアプローチで、教育論を議論している本。私は「構造構成主義」の何たるかはまったく分かっていないのだが、本書での議論は、非常にニュートラルで良かったと思う。公教育は「社会のため」に行われるのか、それとも「個人のため」に行われるのか、という二項対立に陥ることなく、実際的な議論が行われていたところが新鮮であった。(「社会」vs「個人」のイデオロギー闘争は、けっこう根が深いので…)

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ルー・タイス
ジャレド・ダイア...
伊賀 泰代
ケネス・J. ガ...
エーリッヒ・フロ...
有効な右矢印 無効な右矢印

よい教育とは何か 構造構成主義研究5はこんな本です

ツイートする