家庭や学級で語り合う スマホ時代のリスクとスキル: スマホの先の不幸をブロックするために

著者 :
  • 北大路書房
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762828287

作品紹介・あらすじ

ネットの普及速度についていけない大人達。それに伴い子ども達にとってネットは,各種犯罪の温床や犯罪道具として利用される状況がある。本書ではただ現状に警鐘を鳴らすだけではなく状況を踏まえ具体的にどう対応していくべきかについて,ユーザーである子ども達およびその指導・教育をする大人に有用な情報を提供する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「愛情深い言葉は、あとから効くこともあるようです。」

    彼らがリアル社会に安心できないことをなんとかしないといけないのです。私たちおとなが彼らにできることは、彼らのリアル社会に「楽しい」「面白い」と感じるものを用意するのが最も近道だと思います

    良い悪いではなく、彼らの常識をそのまま、まず理解するのです。

    『みんな同じようにメール終われなくて困ってるんだと納得して、メールが終わりやすくなった』

  • 豊富な実例とデータによって、説得力があるものとなっている。

全2件中 1 - 2件を表示

竹内和雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

家庭や学級で語り合う スマホ時代のリスクとスキル: スマホの先の不幸をブロックするためにはこんな本です

家庭や学級で語り合う スマホ時代のリスクとスキル: スマホの先の不幸をブロックするためにを本棚に登録しているひと

ツイートする