暮らしの中のカウンセリング入門: 心の問題を理解するための最初歩

  • 北大路書房
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762829413

作品紹介・あらすじ

カウンセリングが身近に感じられるようになる一冊。臨床心理士養成の教員たちが,さまざまな専門的立場から誰もが気になるカウンセリングのポイントについてやさしく解説。抑うつや不登校,摂食障害など心の悩みを解決するヒントも紹介。カウンセリングを試してみたくなるとともに心理学の学びへの扉を開く「最初歩」。

◆主な目次
はじめに

第1章 カウンセリングでは何をするの?
1節 カウンセリングが役に立つわけ
2節 カウンセリングの基本的なスタイル

第2章 いろいろなカウンセリングのスタイル
1節 自己を見つめ直すカウンセリングⅠ 無意識の探求
2節 自己を見つめ直すカウンセリングⅡ 集団の力を借りて
3節 人間関係を見つめ直すカウンセリング
4節 家族とともに問題を解決するカウンセリング
5節 トラウマを癒すカウンセリング
6節 子どもたちを元気にするカウンセリング

第3章 カウンセリングが教えてくれる困ったときのヒント
1節 気持ちが落ち込んでやる気が起きないとき
2節 子どもが学校に行けなくなってしまったとき
3節 子どもの発達が気になったとき
4節 食事の問題を抱えてしまったとき
5節 大きな不安に襲われるようになってしまったとき
6節 大切な誰かを亡くしたとき

第4章 心の科学が教えてくれる元気になる方法
1節 笑って健康に
2節 「欲求」との付き合い方
3節 「我慢」は悪いことばかりではない
4節 「自分(私)のため」と「人(公)のため」のバランスを―ジェンダー・パーソナリティから考える

第5章 カウンセラーはどんな訓練を受けてきたの?
1節 臨床心理士と精神科医の違い
2節 カウンセラーになるための訓練
3節 カウンセラーが守るべきこと(倫理的事項)
4節 カウンセリングの研究

あとがき

著者プロフィール

神戸松蔭女子学院大学人間科学部心理学科
 本学の心理学科は2001年に設置されました。臨床心理学に軸足を置きながら基礎心理学もバランスよく学べるカリキュラムを組み、教員構成は臨床心理士の資格を持つ教員6名と基礎系心理学の教員3名です。さらに2004年度からは大学院を設置し、臨床心理士の養成がスタートしました。
 学内にある神戸松蔭こころのケア・センターは、2001年5月に早々と開設された心理相談機関で、年間の相談件数はのべ1000件以上にものぼります。教員スタッフの貴重な実践の場であるとともに大学院生にとって充実した実習施設となっております。地域に開かれた心理相談の他にも遺族支援の自助グループ「あゆみの会」や専門家が家族療法を学ぶ場である「神戸松蔭システムズアプローチ研究会」、さらにはボランティア活動の運営など社会への貢献に積極的に取り組んでいます。
 心理学科の開設からは15年が経ち、心理学科の卒業生も1000名をゆうに超えるとともに臨床心理士の資格取得者も90名に達します。大学院修了後も研修できる研修生・研修員制度を整えているだけでなく、巣立った修了生の卒後研修会も毎年開催し、互いの成長を確認する機会としています。
 よりよき社会を築くため、学科メンバーが一丸となって教育・臨床・研究・社会貢献活動に励んでいます。

「2016年 『暮らしの中のカウンセリング入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂本真佐哉の作品

ツイートする
×