心理カウンセラーと考えるハラスメントの予防と相談: 大学における相互尊重のコミュニティづくり

著者 :
  • 北大路書房
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762829550

作品紹介・あらすじ

ハラスメントに気がつかない方が楽だという気持ちに、盲目的に支配されていないだろうか。

心理相談の実践に30年近く携わった経験と,心理学の専門的知識を背景に,相談やサポートに必要となる知識と技術について考える。加害と被害の二者関係に留めず,コミュニティ全体の問題として問いかけ,教職員や学生,そして,ハラスメント相談窓口として戸惑う相談員に向けて,日常的で身近な問題への取り組みへと誘う。

決して,本書は,揺るぎない倫理観をもって高みから読者を導こうとするわけではない。
大学コミュニティのあらゆるメンバーに向けて,読者とともに歩み考えていこうと,語りかける。

◆もくじ◆
まえがき
-1部 ハラスメントの理解-
1章 ハラスメントとは
①専門家に答えを出してもらうのではなく,自ら考える姿勢/②ハラスメントとは何か?/③ハラスメントのダメージ/④ハラスメント問題の複雑性/⑤本書の立場

2章 ハラスメントの分類
①セクシュアル・ハラスメント/②アカデミック・ハラスメント/③パワー・ハラスメント

3章 大学という場におけるハラスメント
①近年の大学の状況とハラスメント/②大学におけるハラスメントの実態/③大学人の欲望/④大学教員の学問的権威/⑤学生間のハラスメント/⑥教員間のハラスメント/⑦アカデミック・ハラスメントと研究上の不正

4章 ハラスメントについてのさらなる考察
①ハラスメントを根絶?/②性的欲求や性別の区別そのものは悪ではない/③加害者・被害者に個人的な特徴はあるのか?/④傍観者の有害性/⑤なぜ周囲は気づかないのか?/⑥ハラスメントのグレーゾーン/⑦教員と学生の恋愛/⑧ハラスメントの周辺問題/⑨コミュニティ基準/⑩ストレスという背景要因

-2部 ハラスメントの予防-
5章 予防のために
①ハラスメント研修の基本スタンス/②予防の最重要ターゲット:無関心な傍観者たち/③社会的な密室/④「ハラスメントをしない」という目標は逆効果/⑤肯定文で価値を記述する/⑥よい実践を讃える/⑦自分のこととして捉える/⑧ハラスメントに気づいたとき/⑨ハラスメントと厳しい指導

6章 権力を自覚し,使い方を考える
①スタンフォード監獄実験/②アブグレイブ刑務所/③普通の人が悪人にもヒーローにも傍観者にもなりうる

-3部 ハラスメントの相談-
7章 ハラスメント相談の基本
①相談の焦点/②相談者本人の側の問題/③ハラスメント相談ですること/④ハラスメント相談でしてはいけないこと/⑤ハラスメント相談それ自体の援助効果/⑥心理カウンセリングとハラスメント相談

8章 相談者の心理
①葛 藤/②ハラスメントについての社会的認識の求め/③恥辱感と抱え込み/④無力感・憤り・自責感/⑤PTSD(心的外傷後ストレス障害/⑥被害者アイデンティティ

9章 ハラスメント相談の技術
①基本の傾聴/②客観的事実の確認/③感情の受容と整理/④情報提供/⑤どうしていくかを一緒に検討する/⑥結果の受けとめ/⑦回避の克服/⑧肯定的で積極的な自叙伝的ストーリーを構築する/⑨被害者の立場を離れる支援/⑩加害者からの相談/⑪相談員自身の感情的反応をマネージする

-4部 ハラスメントの調査と対応-
10章 ハラスメントの調査
①ハラスメント調査の基本的な考え方/②調査面接の進め方/③深刻な被害の体験を被った申立人の調査/④事実を隠している被申立人

11章 ハラスメントへの対応
①ハラスメント問題に取り組むための2つの道筋/②対応上の注意/③対応の実際

資  料
 研修教材1/研修教材2
あとがき

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • p29 パワハラが生じやすい職場=①残業が多く、休みが取りにくい職場、②上司と部下のコミュニケーションが少ない職場、③失敗が許されないあるいは失敗への許容度が低い職場
    厚生労働省2012職場のパワーハラスメントに関する実態調査報告書

    ハラスメントは環境を変えるのが大切?
    加害者でもなく被害者でもなく傍観者への対策が効果あり?

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

京都大学学生総合支援センター教授(カウンセリングルーム室長) 教育学博士(京都大学) 臨床心理士 略 歴 一九六一年 神戸市生まれ。 京都大学教育学部、京都大学大学院教育学研究科にて臨床心理学を学ぶ。 大谷大学文学部専任講師、京都大学保健管理センター講師、京都大学カウンセリングセンター講師を経て現職。 主な著書 『技芸としてのカウンセリング入門』創元社 二〇一二年 『12人のカウンセラーが語る12の物語』(共編著)ミネルヴァ書房 二〇一〇年 『統合的アプローチによる心理援助』金剛出版 二〇〇九年 『大学生がカウンセリングを求めるとき』(共編著)ミネルヴァ書房 二〇〇〇年 『臨床心理学入門』(共編)培風館 一九九八年 主な訳書 『心理療法家の言葉の技術 第二版』(ポール・ワクテル著)金剛出版 二〇一四年 『説得と治療:心理療法の共通要因』(ジェローム・フランク&ジュリア・フランク著)金剛出版 二〇〇七年 『心理療法の統合を求めて』(ポール・ワクテル著)金剛出版 二〇〇二年

「2018年 『SNSカウンセリング入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉原保史の作品

心理カウンセラーと考えるハラスメントの予防と相談: 大学における相互尊重のコミュニティづくりを本棚に登録しているひと

ツイートする
×