ワーキングメモリと英語入門: 多感覚を用いたシンセティック・フォニックスの提案

制作 : 湯澤 美紀  湯澤 正通  山下 桂世子 
  • 北大路書房
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762829871

作品紹介・あらすじ

なぜ私たちは英語が聞き取りにくいのか? 英語の早期教育はどうあるべきか? 脳のメモ帳=ワーキングメモリの観点から,「日本語耳」の特徴を活かした英語学習のあり方を提案する。音声,文字,動作,絵を用いて子どもの感覚をマルチに刺激,主体的な学びへと導く,ユニバーサルデザインとしての英語指導法を具体的に紹介。


◆主な目次

●Part 1 理論編
Chapter 1 日本の子どもの母語の習得と英語の聞き取り 
1.はじめに
2.言語のリズム
3.母語の習得のはじまり
4.母語習得の鍵は応答性
5.日本語の音のリズムへの気づき
6.日本語耳では,英語の音声が聞き取りにくい?
7.日本語耳で英語を聞き取るのは難しい
8.頭の中で起きている処理オーバー
Chapter 2 日本人が,英語を聞き取れないわけは?
1.はじめに
2.日本人は英語を細かく切っている
3.日本人は英語の発音が苦手なわけではない
4.日本語耳のメカニズム
5.英語の隠れディスレクシア
6.すべての子どもに英語学習の機会を
Chapter 3 日本語耳を生かした英語の学習
1.はじめに
2.苦手を得意に変えられる
3.英語の聞き取りにくさを克服するには?
4.ワーキングメモリをフルに活かそう!
5.本書で提案するシンセティック・フォニックス
Chapter 4 多感覚を用いたシンセティック・フォニックスの学習の原理
1.はじめに
2.音声,文字,動作,絵
3.基本活動

●Part 2 実践編
Chapter 5 「言葉のプロジェクト:〝英語″の音の世界を探索する」―概要と成果―
1.はじめに
2.音声体験・基礎活動の効果(事後テストⅠ・事後テストⅡ)
3.発展活動の効果(事後テストⅢ)
Chapter 6 「言葉のプロジェクト:〝英語″の音の世界を探索する」―実践内容―
1.はじめに
2.音声体験活動
3.基礎活動
4.発展活動Ⅰ
5.発展活動Ⅱ
Chapter 7 学びにくさのある子どもたちのための英語の活動―ユニバーサルデザインと一人ひとりの成長―
1.はじめに
2.アセスメントでの子どもたちの姿
3.見えてきた子どもの学び方
4.基礎活動・発展活動の概要
5.基礎活動時の環境構成
Chapter 8 入門期における支援ツール
1.はじめに
2.ジョリーラーニング社製教材
3.自作教材

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テストをすると、どうしてもふたこぶ編成になってしまうこの現象に頭を悩ませながらも、教科の特質上しょうがないと言い訳して逃げ道をつくってきた事実に、一筋の光明を与えてくれる一冊。音と文字のリンク、ワーキングメモリー、それらがキーワードとなり、英語でどうしても結果を出せない生徒に救いの手を差し伸べてくれる。いや、どちらかというと、生徒を救えない英語教師に差し伸べられている手か…。単語で躓き、一切のモチベーションを奪われている低位の生徒を、果たしてどれだけ救えるか。中学校でも、出来ることはたくさんある。

  • 日本語と英語の「音」の違いの説明はとてもわかりやすい。

    そしてその違いを穴埋めする為にはどのような学習法が必要かというのが解説されています。

    英語の発音学習としてフォニックスはやはり有効かもしれない。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

湯澤 美紀(ゆざわ・みき) [Chapter 1 ~ 7,Column 1,3,5,付録1,2]
2001年 広島大学大学院教育学研究科博士課程後期単位取得満了
2002年 博士(心理学)(広島大学)
現   在 ノートルダム清心女子大学人間生活学部准教授
[主著・論文]
『今さら聞けない!特別支援教育Q&A』(共著) 明治図書出版 2015年
『ワーキングメモリと教育』(共編著) 北大路書房 2014年
『日本語母語幼児による英語音声の知覚・発声と学習:日本語母語話者は英語音声の知覚・発声がなぜ難しく,どう学習すべきか』(共著) 風間書房 2013年
『ワーキングメモリと特別な支援:一人ひとりの学習のニーズに応える』(共編著) 北大路書房 2013年
“Working memory: Developmental differences, component processes,and improvement mechanisms .”(共著) New York: NOVA publishers. 2013年
「クラスでワーキングメモリの相対的に小さい児童の授業態度と学習支援」(共著) 発達心理学研究,第24 巻第3号,380-390. 2013年
『幼児の音韻的短期記憶に関する研究』 風間書房 2010年

「2017年 『ワーキングメモリと英語入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

湯澤美紀の作品

ワーキングメモリと英語入門: 多感覚を用いたシンセティック・フォニックスの提案を本棚に登録しているひと

ツイートする