作品紹介・あらすじ

応用的知見として心理学各領域への適用を扱う。感情・情動,認知,社会・健康,睡眠,犯罪,スポーツ領域における最新の成果を示しつつ,必要に応じて基礎的知見にも言及。生理心理学的測定技術および解析について詳述することで,読者の理解を図る。また,本章で触れられなかった動物実験に関しては3つのコラムで補填。

◆第Ⅱ巻の主な目次
第1 部 感情・情動
 1 章 ネガティブ感情の精神生理学
 2 章 ポジティブ感情の精神生理学
 3 章 感情と表出活動
 4 章 音楽と生理反応
 5 章 感情と脳

第2 部 認知
 6 章 知覚・注意・認知過程
 7 章 刺激入力前・反応出力
 8 章 瞬目・眼球運動・瞳孔
 9 章 言語(ERP)
 10 章 実作業場面における認知状態の評価

第3 部 社会・健康
 11 章 社会的要因と精神生理
 12 章 集団意思決定
 13 章 精神神経内分泌免疫学と健康
 14 章 社会的痛み
 15 章 アレキシサイミア

第4 部 睡眠
 16 章 睡眠と覚醒の調節機構
 17 章 睡眠と覚醒の評価法
 18 章 睡眠中の精神活動と情報処理
 19 章 夜間睡眠と日中の眠気
 20 章 睡眠と生物リズム

第5 部 犯罪
 21 章 精神生理学的情報検出: 犯罪捜査におけるポリグラフ検査
 22 章 中枢神経系での隠匿情報検査: 事象関連電位(ERP)
 23 章 末梢系での虚偽検出法
 24 章 衝動性
 25 章 サイコパシー

第6 部 スポーツ
 26 章 スポーツと脳科学
 27 章 プレッシャー
 28 章 リラクセーション
 29 章 運動イメージ
 30 章 スポーツと内分泌・免疫応答

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 系推薦図書 3系(情報・知能工学系)
    【配架場所】 図・3F開架
    【請求記号】 141.2||SA||2

    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=186684

  • 2階書架 : WL103/SAK/2 : 3410162759

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

広島大学名誉教授

「2013年 『応用講座 睡眠改善学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀忠雄の作品

生理心理学と精神生理学 第II巻 応用を本棚に登録しているひと

ツイートする
×