アンチ・サボタージュ・マニュアル 職場防衛篇: 組織を破壊から守る9の戦術

制作 : Robert M. Galford  Bob Frisch  Cary Greene 
  • 北大路書房
3.83
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 43
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762830037

作品紹介・あらすじ

「誰でもうっかりやってしまう」シンプル・サボタージュの脅威から,
どのようにして組織の意思決定プロセスを守り,
職場の効率性や創造性を高め,そして人間関係を改善することができるのか?

CIAの前身(OSS)が第二次世界大戦中に作成した「組織をダメにするスパイマニュアル」。この通称「サボタージュ・マニュアル」を敷衍し,現代の経営戦略家たちが,大企業からPTAまであらゆる組織に蔓延する「誰もがうっかりやっしまう」サボタージュを分析。過剰な「従順さ」や過度な「用心深さ」,延々と続く「演説」,「委員会」の冗長な運営,細かい言い回しをめぐる「論争」など,組織の意思決定を遅延・破壊に至らせる9つの戦術を見破り,その影響力を減じさせるための対策を逆提案する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内容の有用さは疑うべくもないが、とにかく硬直的で融通の利かない直訳が酷過ぎて、内容が頭に全く入ってこない。読める人は原書で読んだ方がよほど理解が進むのでは。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ロバート・M・ガルフォード(Robert M. Galford)
センター・フォー・リーディング・オーガニゼイション(Center for Leading Organizations)の業務執行パートナー。管理者教育プログラムで教えるかたわら,世界的に指導的立場にある公営,私営および政府関係組織のシニア・エグゼクティブと仕事をともにする。ハーバード大学デザイン大学院の,管理者教育におけるリーダーシップ特別研究員であり,また全米法人理事協会の教授団に所属している。フォレスター調査団の理事でもある。『信頼できるアドバイザー(Trusted Advisor)』(邦訳:『プロフェッショナル・アドバイザー―信頼を勝ちとる方程式―』東洋経済新報社,2010年)『信頼できるリーダー(Trusted Leader)』および『リーダーシップの遺産(Your Leadership Legacy)』の共著者である。またハーバード・ビジネス・レビューをはじめ,多くの主要出版社から著作が出版されている。

「2018年 『アンチ・サボタージュ・マニュアル 職場防衛篇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする