作品紹介・あらすじ

第1部ではワーキングメモリや今後研究の進展が期待されるデフォルトモードネットワークを中心に,脳のはたらきに関する最新の研究成果を紹介。第2部以下では発達・教育・臨床各領域への展開として,乳幼児の前頭葉の発達,読み書き処理と脳活動,統合失調症における脳波研究,ADHDにおける注意機能と実行機能などを扱う。

◆主な目次

●第1部 ワーキングメモリとかかわる脳のはたらき
1章 言語性ワーキングメモリと脳
2章 視覚性ワーキングメモリと脳
3章 ワーキングメモリと注意:ERPからのアプローチ
4章 色の認知・記憶と脳
5章 自己と脳
6章 視覚的注意と脳
7章 心的イメージと視覚性ワーキングメモリ
8章 ワーキングメモリネットワークとデフォルトモードネットワーク
9章 デフォルト・モード・ネットワークと瞬き
10章 安静状態脳活動と心理機能

●第2部 発達・教育領域への展開
11章 乳幼児期における前頭葉機能の発達
12章 視線から探る乳児の心
13章 眼球運動と認知
14章 文字列の初期処理と読みの学習・発達・障害
15章 読み書き処理と脳活動
16章 暴力的ゲームにおける生理心理学的影響
17章 胎児期・乳幼児期のストレスとストレス応答

●第3部 臨床領域への展開
18章 統合失調症における自己の障害
19章 統合失調症における聴知覚処理障害:脳波による病態理解から診断への応用
20章 自閉症スペクトラム障害におけるヒト認知
21章 自閉スペクトラム症の注意
22章 自閉スペクトラム症の聴覚特性と言語発達:MEGを用いた検討
23章 ADHDにおける注意機能と実行機能
24章 視覚障害者の脳波とイメージ想起による変動
25章 重症心身障害への生理心理学的アプローチ

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2階書架 : WL103/SAK/3 : 3410164763
    https://opac.lib.kagawa-u.ac.jp/webopac/BB50275574

  • 系推薦図書 3系(情報・知能工学系)
    【配架場所】 図・3F開架
    【請求記号】 141.2||SA||3

    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=186684

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

広島大学名誉教授

「2013年 『応用講座 睡眠改善学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀忠雄の作品

生理心理学と精神生理学 第III巻 展開を本棚に登録しているひと

ツイートする
×