公認心理師標準テキスト 心理学的支援法

  • 北大路書房
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762830563

作品紹介・あらすじ

心理学的支援の現在は,多種多様な学派によって構成されている。本書は,特定の学派に閉じこもらずバランスよく学ぶことを推奨し,各学派の理論と技法に作用する普遍的な治療原理を理解できるよう配慮。並列的な解説に留めず,有機的・立体的な学びを目指す。公認心理師のカリキュラム「心理学的支援法」に対応した教科書。

【主な目次】
第1章 心理学的支援とは
●第1部 心理療法の諸学派
第2章 心理力動論
第3章 行動論
第4章 システム論
●第2部 支援者に求められるあり方
第5章 心理学的支援における価値と倫理
第6章 援助的コミュニケーションのスキル
●第3部 心理学的支援の多様な技術
第7章 気づきを促進する
第8章 新しい体験を提供する
第9章 より適応的な行動の学習を促進する
第10章 関係者のシステムに働きかける支援のあり方
●第4部 心理学的支援の多様なモード
第11章 プレイセラピー
第12章 グループセラピー
●第5部 コミュニティへの支援
第13章 地域支援の意義
第14章 訪問による支援
第15章 心の健康教育

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 目次構成が面白い本でした。技法として取りまとめているのは割と斬新かも。一方心理援助にかかわる分であるにも関わらず、ロジャースやユングがほぼ出てこない。現任者講習の悪いところをそのまま反映したテキストとなっています。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

京都大学学生総合支援センター教授(カウンセリングルーム室長) 教育学博士(京都大学) 臨床心理士 略 歴 一九六一年 神戸市生まれ。 京都大学教育学部、京都大学大学院教育学研究科にて臨床心理学を学ぶ。 大谷大学文学部専任講師、京都大学保健管理センター講師、京都大学カウンセリングセンター講師を経て現職。 主な著書 『技芸としてのカウンセリング入門』創元社 二〇一二年 『12人のカウンセラーが語る12の物語』(共編著)ミネルヴァ書房 二〇一〇年 『統合的アプローチによる心理援助』金剛出版 二〇〇九年 『大学生がカウンセリングを求めるとき』(共編著)ミネルヴァ書房 二〇〇〇年 『臨床心理学入門』(共編)培風館 一九九八年 主な訳書 『心理療法家の言葉の技術 第二版』(ポール・ワクテル著)金剛出版 二〇一四年 『説得と治療:心理療法の共通要因』(ジェローム・フランク&ジュリア・フランク著)金剛出版 二〇〇七年 『心理療法の統合を求めて』(ポール・ワクテル著)金剛出版 二〇〇二年

「2018年 『SNSカウンセリング入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉原保史の作品

公認心理師標準テキスト 心理学的支援法を本棚に登録しているひと

ツイートする
×