消費者行動の心理学: 消費者と企業のよりよい関係性 (産業・組織心理学講座 第5巻)

  • 北大路書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762830822

作品紹介・あらすじ

人間が営む「消費」という行為には,認知,感情,社会性といった様々な心理学的特性が反映されている。本巻では,知覚心理学や人格心理学,社会心理学などの心理学の各分野の研究成果,さらには経済学や脳科学などの他分野の知見を応用することで,消費者行動・心理のメカニズムに迫る。企業‐消費者間の新たな可能性も顧客エンゲージメントの観点から考察。

【主な目次】
第1章 消費者行動研究の意義と目的
第2章 消費者行動研究の方法論
第3章 消費者の購買意思決定過程
第4章 消費者への説得過程
第5章 消費者行動の規定要因1:個人差要因
第6章 消費者行動の規定要因2:状況要因
第7章 消費者行動の規定要因3:社会的影響
第8章 消費者問題と消費者保護
第9章 消費者行動の新展開1:消費者行動研究における行動経済学的アプローチと生体情報活用
第10章 消費者行動の新展開2:顧客エンゲージメント―企業と顧客との関係性における新たな視点

著者プロフィール

永野 光朗(ながの・みつろう)
1958年 大阪府に生まれる
1987年 同志社大学大学院文学研究科心理学専攻博士課程単位取得退学
現在 京都橘大学健康科学部心理学科教授
〈主著・論文〉
よくわかる産業・組織心理学(共著)ミネルヴァ書房 2007年
産業・組織心理学への招待(共著)有斐閣 2009年
新・消費者理解のための心理学(共著)福村出版 2012年
産業・組織心理学(シリーズ心理学と仕事11)(共著)北大路書房 2017年
心理学概論―こころの理解を社会へつなげる(共編著)ナカニシヤ出版 2018年
経営・ビジネス心理学(共著)ナカニシヤ出版 2018年

「2019年 『消費者行動の心理学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永野光朗の作品

消費者行動の心理学: 消費者と企業のよりよい関係性 (産業・組織心理学講座 第5巻)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする