組織行動の心理学: 組織と人の相互作用を科学する (産業・組織心理学講座 第3巻)

  • 北大路書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784762830860

作品紹介・あらすじ

本巻では,産業・組織心理学の領域のうち「組織行動部門」を扱う。組織行動研究の位置づけや研究動向を概観したのち,「コミュニケーション」「意思決定」「リーダーシップ」といった重要テーマを取り上げ,その理論や周辺領域との関連性,今後の展開を解説。集団行動の知見を体系的にまとめ,組織開発の手掛かりを論じる。

【主な目次】
第1章 組織行動とは
第2章 職場集団のダイナミックス
第3章 コミュニケーションの促進
第4章 組織における意思決定
第5章 リーダーシップ
第6章 仕事へのモチベーション
第7章 人と組織の適応
第8章 組織開発・組織変革

著者プロフィール

角山 剛(かくやま たかし)
1951年 新潟県に生まれる
1983年 立教大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得満了
現 在  東京未来大学学長・モチベーション行動科学部教授
主著・論文 産業・組織心理学 改訂版(共著) 福村出版 2017
最新 心理学事典(産業領域編著) 平凡社 2013
産業・組織 新曜社 2011
産業・組織心理学ハンドブック(編集代表・共著) 丸善 2009
産業・組織心理学(共著) 朝倉書店 2006

「2019年 『組織行動の心理学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

角山剛の作品

組織行動の心理学: 組織と人の相互作用を科学する (産業・組織心理学講座 第3巻)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする