薔薇のパルファム

著者 :
  • 求龍堂
3.75
  • (3)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763005076

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 実を言えば、私は薔薇の香りが苦手です。
    それなのに、何故この本を読んだのかと
    言えば、その薔薇からどのように香水が
    作られて行くのかに興味があったからで
    す。
    ただ、それだけ。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:576.63||Y
    資料ID:50500810

  • 分からない部分は飛ばし読み。

    薔薇の香りについて語られている本。
    今まで薔薇の美しさにばかり目を遣っていたけれど、
    香りの馨しさにも心をやってもいいのかも、と思った。

    京成ばら園、行ってみたくなりました。
    資生堂の『ばら園』シリーズ、買いたくなります。

  • バラの香りについての専門書。
    歴史的絵画に出てくるバラの物語や、バラの伝説。
    ブルガリアのバラの収穫祭の様子。
    資生堂の香水や製品たちの裏話。
    バラの香りが人体に与える影響。
    幻のバラ、ブルーローズのものがたり。
    バラのブリーダーたちについて。
    などなど、プロフェッショナルしか知らないバラのお話づくしの本です。

  • 香水の話ではなく、薔薇の香りについてのお話。一般書みたいな顔をしながらかなり専門書寄りです。

    さまざまな香りの説明が書いてあるのですが、正直な話これを想像するのは思っている以上に難しいです。

  • 装丁とタイトルから耽美系かなーと思ってめくったらまんま研究書でした。マジで薔薇の匂のことばっかりです。

全6件中 1 - 6件を表示
ツイートする
×