東山魁夷 青の風景

著者 :
制作 : 東山 すみ 
  • 求龍堂
3.94
  • (5)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 47
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (117ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763006332

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了

  • 【推薦文】
    日本や世界を旅し、遍歴を重ねながら、自然や風景を描いた日本画家・東山魁夷。その作品は静かであたたかく、どこか郷愁を感じさせます。作品を「青」「橙」「白」の色によって編集し、作品1つ1つに東山魁夷の文章を添えた、珠玉の画文集となっています。眠れない秋の夜長のおともにいかがでしょうか。
    (推薦者:電気電子工学科 B3)

    【配架場所】
    大岡山: B1F-一般図書 721.9/H

  • こんな青は見たことない。深くて、柔らかで、冷たくて、凛として。言葉で語るとどんどん陳腐になってくる。だけど見れば分かります。この青の奥深さ。いつか作品を生で見てみたい。

  • 夕星
    春映
    が好きです

  • 青、橙、白の三部作のひとつです。
    少し寂しげで物悲しい風景画です。透明感溢れる青い世界にすぐに引き込まれて見とれてしまいます。初めはその青い美しさに胸が震える感じを覚えましたが、青色には沈静効果があるせいか頁を進めていくうちに、いつのまにか心も落ち着き癒されていました。

  • なかなか良い

  • やっぱり東山魁夷さんの「青」はいいなぁ。。。

  • とにかくこの人の作品が好きで
    思わず手に取った一品。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1908年横浜生まれ。1926年東京美術学校(現・東京芸術大学)日本画科入学。1933年ドイツへ留学し、ベルリン大学で美術史を専攻。1947年第三回日展に「残照」出品、特選となる。1956年、日展出品作「光昏」で日本芸術院賞を受賞。1969年11月、文化勲章受章、文化功労者として顕彰される。1974年、日展理事長に就任。1984年、ドイツのプール・ル・メリット学術・芸術院の外国人会員に選ばれる。1999年5月6日に逝去。

「2017年 『東山魁夷アートカレンダー 2018年版(大判)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東山魁夷の作品

ツイートする