水の家族

著者 :
  • 求龍堂
3.61
  • (9)
  • (15)
  • (15)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 297
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763006356

作品紹介・あらすじ

死者の視線が、平凡な家族の、ある過去と現在を照らし出す。忘れじ川の水とともに浄化されていく魂の救済を描いた、生と死の壮大な叙事詩。作家による再構成をした新生版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 長野に移住して文壇と一線を画した丸山氏の自然描写の簡潔で美しい文章に酔った。私は自然を知らない。何度も辞書をひいて意味を確認した。水は神聖でしかも色っぽいものだ。川の水音が聞こえてくる本。

  • ストイックな文体で水がめぐるその活動のすべての描写が清々しい。。というか掃き清められたお寺にひとり参拝しているような清らかな気分になった。
    八重子との描写は生々しすぎて、私にはちょっと重かった。

  • これは、私が死に、彷徨う魂魄となった私が草葉町を俯瞰する叙事詩である。

    隔離され守られているさえ感じられる箱庭。それにおける生命は、絶え間なく行われる循環、大水車のように輪廻し、水の動きに重なり均等を保つ。
    私は省みながら、私もまた水の一部と知り、先憂も後悔も失われ、涙は再び遍く永劫の均等を約諾する。

    この話自体もひどく均等が保たれ、また歳を重ねてから再読してみたい、そう思いました。

  • 家族よりひとり離れて、さまよったさきに死んでいった主人公の
    魂が語り部なのですが、内容は非常に異常な世界で
    殺人。不貞。裏切り。堕落等々ひどい内容ですが
    文体が非常にうつくしく読みやすい文体です。
    なんとなく、非常に印象に残る作品。生と死って
    こういうことなのかと思われる。

  • 死者の視線が、平凡な家族の、ある過去と現在を照らし出す。忘れじ川の水とともに浄化されていく魂の救済を描いた生と死の壮大な叙事詩。作家による再構成をした新生版。

    夜の経済ニュース番組で三浦しをんが本作を激賞していたので読んでみた。物語が始まってすぐ主人公がとんでもない目に遭う。書かれている内容自体は通俗的という気もするが、その表現力や構成力にぐんぐん惹き込まれた。久しぶりに格調高い、芸術性に富んだ純文学に触れた気がした。名前だけは聞いたことがあるという認識だった丸山健二、他の作品も読んでみようか。
    (B)

  • 流れるような文章で、不思議なリズムに引き込まれました。
    内容は衝撃的なので、なんとも言い難いのだけど、なぜかすんなり読めてしまう魅力があるような。

    言葉の選び方のセンスを分けてほしいな

    May?, 2013

  • 人の持つ多面的な力は本人が気付けなくても確かにそこにあり
    この世界の密度は押し広がる。
    水は汚され清められただ流れて行き、
    それぞれに理由があり意味は無く力にあふれ亡くしながら
    生まれ死んで行くんだろう。

  • 続けて読むのを断念した。

  • 私と妹八重子

  • 賛否両論わかれそうというか苦手な人は読めなそうな作品。
    独特の文体もそうだが、視点が"私"一人だけなので、前半は何とも言えない語り口でなかなか思うようにページが進まなかった。
    しかし後半からの疾走感は溢れ出る水のように激しく、それでいて爽やか。
    一人一人のドラマが鮮烈なので、猟奇的な部分がうまく抑えられ読み終えたあとには一種の清々しさまで感じてしまうほど。
    もっと、評価されるべき。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

丸山 健二(まるやま けんじ)
1943年長野県生まれ。1964年国立仙台電波高等学校卒。
1966年に第23回文学界新人賞を受賞した小説「夏の流れ」が、1967年に第56回芥川龍之介賞を受賞。23歳0カ月での芥川賞最年少受賞記録は2004年に19歳の綿矢りさが受賞するまで破られなかった。男性作家としては最年少受賞者。
1973年に「雨のドラゴン」が第9回谷崎潤一郎賞候補作、1976年に「火山の歌」が第12回谷崎潤一郎賞候補作、1987年に「月に泣く」が第14回川端康成文学賞候補作となる。しかし全て受賞を辞退。
2013年、丸山健二文学賞創設。2015年丸山健二塾を開始。長野県安曇野に移住し、文壇と一線を画した独自の創作活動を続けている。

水の家族のその他の作品

水の家族の詳細を見る 単行本 水の家族 丸山健二

丸山健二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
三浦 しをん
三浦 しをん
三浦 しをん
東野 圭吾
三浦 しをん
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

水の家族を本棚に登録しているひと

ツイートする