松岡正剛千夜千冊

著者 :
  • 求龍堂
3.81
  • (7)
  • (0)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 104
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784763006424

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自宅の本棚に、いつか並べてみたい本。図書館で借りて一部分は読んだ。この8冊と、この本に登場する本をすべて読破したい!!!

  • 『松丸本舗主義』(青幻舎)刊行記念 松岡正剛氏トークイベント開催!  「本と本屋と本読みと」今こそ話そう、松丸本舗閉店と未来について

    モード学園コクーンホールB(ブックファースト新宿店横)
    12/4(火)開場:午後6時30分 開演:午後7時~午後8時30分

    『松丸本舗主義~奇跡の本屋、3年間の挑戦~』(青幻舎)の出版を記念いたしまして、著者・松岡正剛氏の講演会を開催いたします。
    【参加方法】イベント券(1,000円税込)をお買い上げいただき、当日ご持参ください。ブックファースト新宿店・地下2階Eゾーン内サービスカウンターにてお求めください。
    <先着500名様>
    お電話でのご予約も承ります(お電話でのご予約はお一人様一枚とさせていただきます。)
    ※当日会場にて、『松丸本舗主義』(青幻舎)のサイン本を販売いたします。是非お求めください。
    ※講演会終了後、サイン本への為書きを別室にて承ります。当日係員がご案内いたします。
    ※当日のお席はご来場順の自由席です。
    ※イベント券をお持ちでない方の入場はできません。当日は、必ずイベント券をお持ちください。
    ※写真・動画の撮影及び録音、ウェブでの配信はお断りさせていただきます。
    http://www.book1st.net/event_fair/event/page1.html#a_534

  • 2011年4月23日 第一巻読書開始。

  • 松岡さんは、超人ですね(-_-;)
    この一言に尽きます!

  • 図書館で見つけました。1冊の厚さがすごい。これは図書館しか買えないでしょう。セットで10万円弱。ふー、ため息。

  • 松岡正剛が途中、胃がんを患いながらも1日一冊づつ書いた彼にしか出来ない壮大なプロジェクトです。
    ネットでも全文を見られるいわゆる擬似オープンソースなのだけど、やはり、これは本で読みたいですね。
    読書状況は読みたいになっているけど、ネットでは一応、読んだ形です。
    ただ、放蕩編としてまだ、続いているので「読みたい」にしました。
    同じ求龍堂から彼の版画が出ているのだけど、胃がんを経験した事も大きいと思うのだけど、良い枯れ方をしています。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

編集工学者、編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。80年代に情報文化と情報技術をつなぐ方法論を体系化し「編集工学」を確立し様々なプロジェクトに応用。2000年「千夜千冊」の連載を開始。同年、eラーニングの先駆けともなる「イシス編集学校」を創立。近年はBOOKWAREという考えのもと膨大な知識情報を相互編集する知の実験的空間を手掛ける。また日本文化研究の第一人者として「日本という方法」を提唱し独自の日本論を展開。著書に『知の編集工学』『擬』『世界と日本の見方』『国家と「私」の行方』ほか。

「2018年 『千夜千冊エディション 情報生命』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松岡正剛の作品

ツイートする