川端康成と東山魁夷―響きあう美の世界

著者 :
制作 : 東山 すみ  「川端康成と東山魁夷 響きあう美の世界」製作委員会 
  • 求龍堂
4.00
  • (3)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763006431

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 二人が出会ったのは川端康成56歳、東山魁夷47歳。
    それから交友は17年間続いた。
    川端康成の突然の死で二人の交友は終わった。

    抑制のきいたすばらしい交友関係。
    早ければいい、安ければいいという、
    現代に望むことはもはやできまい。
    二人の往復書簡に、古きよき日本人を見る。

  • 作家・川端康成と、画家・東山魁夷の書簡集。手紙というのは私的なものなので、亡くなられた後といえど盗み見のようで些か気が引ける…と思う私は小心者なのだろうか(苦笑) それでも心のこもった書簡は先生方を身近に感じる機会でもあり、書の写真や、周囲の人が語るエピソードなど、とても興味深い一冊。嵯峨の竹林を眺め、奥様に「東山さんの竹の色だ」と囁かれる川端先生の親しみのこもった言葉が、とても印象的でした。

  • 「東山さんの風景画は静寂と慈心と温潤のただよふなかに敬虔と浄福がこもる」<BR>東山魁夷の北欧を描いた作品が好きだ。あの、人が絶えた様な静謐の空間を、さすが文豪川端、見事に表現してくれた。ちなみに本書は川端康成と東山魁夷の書簡集である。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

東京大学名誉教授。川端康成記念会理事長。ロシア文学・比較文学。著書に『薔薇と十字架―ロシア文学の世界』(青土社、1981年)、『ロシア文学史』(岩波書店、1986年)、『ユートピアの幻想』(講談社、1993年)など。

「2017年 『川端康成スタディーズ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川端香男里の作品

ツイートする