サテンの夜

著者 :
  • 求龍堂
3.40
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763006691

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 劣等感、焦燥、妄想、などの負のエネルギーが臨界点に達し、何かしらの肉体的な行動に転化される、もしくは特異点を通過して自己霧散してしまう、そんな風景のいくつかを描いた短編集。どこまでが現実で、どこまでが妄想なのか、判然としないままに物語は語られる。表題作の「サテンの夜」がいちばん好みだった。

  • 浮遊感があるのに落ち着つく、不思議な文章。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

丸山 健二(まるやま けんじ)
1943年長野県生まれ。1964年国立仙台電波高等学校卒。
1966年に第23回文学界新人賞を受賞した小説「夏の流れ」が、1967年に第56回芥川龍之介賞を受賞。23歳0カ月での芥川賞最年少受賞記録は2004年に19歳の綿矢りさが受賞するまで破られなかった。男性作家としては最年少受賞者。
1973年に「雨のドラゴン」が第9回谷崎潤一郎賞候補作、1976年に「火山の歌」が第12回谷崎潤一郎賞候補作、1987年に「月に泣く」が第14回川端康成文学賞候補作となる。しかし全て受賞を辞退。
2013年、丸山健二文学賞創設。2015年丸山健二塾を開始。長野県安曇野に移住し、文壇と一線を画した独自の創作活動を続けている。

サテンの夜のその他の作品

サテンの夜の詳細を見る 単行本 サテンの夜 丸山健二

丸山健二の作品

サテンの夜を本棚に登録しているひと

ツイートする