セカンド・ネイチャー

制作 : 吉岡 徳仁  21_21 DESIGN SIGHT  21 21デザインサイト= 
  • 求龍堂 (2008年10月発売)
3.74
  • (5)
  • (5)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (113ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763008244

作品紹介

第4回企画展、展覧会カタログ。吉岡徳仁ディレクション「セカンド・ネイチャー」で第2の自然、デザインの未来を考える。

セカンド・ネイチャーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自然がもっとも美しい。
    僕がするのは骨格をつくること。
    あとは自然が完成させる。

  • ギャラリー21-21で催された吉岡徳仁の個展の図録
    人工鉱物を使った作品
    一緒に展示されていた他の作家の作品も紹介されている

  • セカンド・ネイチャー。ナンだそれ?ということで以下引用。

    単に視覚的に自然を彷彿とさせたり、原理の表層を模倣したりするというものではなく、テクノロジーや自らのアイデアを糧に、新たな自然のかたち、すなわち”第2の自然”をつくり出す。


    だそうです。

    展示を見に行くと、その意味が良くわかると思いますよ。展示空間がファイバー、プラスチック、プロジェクターなど、コチコチのテクノロジーな要素で組み立てられていながら、夢に出てくる雲や宇宙のなかで作品を感じているような錯覚を覚えました。



    展示を見て外に出ると、ミッドタウンはきれいにライトアップされていました。「セカンド・ネイチャー」の視点を手に入れた後に、この写真みたいに木がラッピングされていたり、芝生広場が青いライトで染められた風景を眺めると、少し「つくりもの」っぽい普段のミッドタウンのランドスケープよりもよっぽど「自然な」風景に思えてきました。・・・まあ、影響されやすいだけかもしれませんね。

全3件中 1 - 3件を表示

セカンド・ネイチャーはこんな本です

ツイートする