一丁倫敦と丸の内スタイル―三菱一号館からはじまる丸の内の歴史と文化

著者 : 岡本哲史
  • 求龍堂 (2009年9月9日発売)
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763009340

作品紹介

日本の伝統文化を未来に融合させた英国の建築家コンドルと、近代国家日本の立国にかけた三菱岩崎家の壮大なプロジェクト。豊富な資料と多くの論客により"丸の内"の誕生と今日までの変遷を知る、「三菱一号館」竣工記念出版。

一丁倫敦と丸の内スタイル―三菱一号館からはじまる丸の内の歴史と文化の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 三菱一号館かっこいい

  • Enter to Marunouchi
    Always with Tokyo

  • 1894年の開国間もない日本政府が招聘した英国人建築家ジョサイア・コンドルによって設計された丸の内の洋風事務所建築が、2010年春に美術館としてリニューアルオープンした。本書は、写真満載となっており、明治20年以降、三菱ヶ原、三菱の三軒長屋などと呼ばれていた「丸の内」が、煉瓦建築の「一丁倫敦」となり、次第に日本経済の中心となってくゆく歴史が詰まった1冊となっている。現在も、三菱地所には当時のコンドルによる図面が保管されているようだ。

全3件中 1 - 3件を表示

岡本哲史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

一丁倫敦と丸の内スタイル―三菱一号館からはじまる丸の内の歴史と文化はこんな本です

ツイートする