バルビエ×ラブルール―アール・デコ、色彩と線描のイラストレーション (鹿島茂コレクション)

著者 :
  • 求龍堂
4.36
  • (10)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763012159

作品紹介・あらすじ

20世紀というモダン・エイジを象徴する2人のフランス人芸術家、バルビエとラブルール。彼等の作品との出会いは、まさに一目惚れ。あとは地獄の果てまでも…フランス文学者鹿島茂の膨大なコレクションを書き下ろし文章とともに紹介する第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • バルビエについて書かれた本ではおそらく最も解説が充実した堅牢な本。図版も豊富。

  • 鹿島茂コレクション展覧会の公式図録兼書籍。
    バルビエとラブルール、それぞれの生涯と、
    展示された書籍(新聞は製本)、版画類、イラスト、作品の説明。
    フランス・ナントで生まれ、裕福なコレクターの力添えで画家の
    道へ進んだ二人。しかも始まりは版画という共通さ。
    だが、かたや色彩豊かなファッション・プレートで、
    かたやドライな線描の際立つ挿絵で、独自の道を歩んでいく。
    個性溢れる二人のそれぞれの作品は、甲乙つけ難し。
    鹿島氏が収集にハマるのも納得するほど魅入らされました。
    また、静岡鳥の子紙が幾つかの作品に使用されているのにも注目♪

  • 鹿島茂氏のコレクション。掲載作品が多く見ごたえあり。

  • BS日テレの「ぶらぶら美術博物館」に登場した鹿島茂氏に触発されて購入した1冊。氏が長年にわたって情熱を傾け収集されたアールデコ期のジョルジュ・バルビエとジャン=エミール・ラブルールの2人の挿絵が収録されている。美しく独特な雰囲気・世界観をもつイラストは、見ているだけで魅了される。時々、書棚から取り出して眺めたい1冊です。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

一九四九年(昭和二十四)、横浜に生まれる。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。現在、明治大学国際日本学部教授。専門は、十九世紀フランスの社会生活と文学。九一年『馬車が買いたい!』でサントリー学芸賞、九六年『子供より古書が大事と思いたい』で講談社エッセイ賞、九九年『愛書狂』でゲスナー賞、二〇〇〇年『職業別パリ風俗』で読売文学賞、〇四年『成功する読書日記』で毎日書評賞を受賞。他の著書に『ドーダの人、小林秀雄』『ドーダの人、森?外』『パリの秘密』『文学的パリガイド』『渋沢栄一』『悪の引用句辞典』『昭和怪優伝』『モンフォーコンの鼠』等がある。

「2018年 『ドーダの人、西郷隆盛』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鹿島茂の作品

バルビエ×ラブルール―アール・デコ、色彩と線描のイラストレーション (鹿島茂コレクション)に関連する談話室の質問

ツイートする