牧野邦夫画集―写実の精髄

  • 14人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 牧野邦夫
  • 求龍堂 (2013年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763013019

作品紹介

レンブラントへの憧れを終生持ち続け、圧倒的な描写力で61年の生涯を駆け抜けた画家、牧野邦夫。本格的なテクニックを駆使した高密度の作品群は近年ますます評価を高めている。最近の研究を元に可能な限りの作品を収録したファン待望の画集。

牧野邦夫画集―写実の精髄の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 練馬区美術館にて開催された展覧会の図録として購入。

    自画像の多さと絵のあちこちに顔が描かれていることが印象に残った。
    覗く方、覗かれる方。視線を感じていた人だったのかもしれない。

    異形のものたちの姿は諸星大二郎を思わせたな。

    すばらしい展覧会でした。再評価の機運が高まるかも。

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

牧野邦夫画集―写実の精髄はこんな本です

ツイートする