クサナギシンペイ 清澄界隈

  • 求龍堂
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763013125

作品紹介・あらすじ

月刊誌『エクラ』(集英社)にて二〇〇七年より約五年連載、宮本輝による小説『水のかたち』の挿絵を中心に、描き下ろしも含め書籍化。初めての作品集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この人の絵はチョイスで入選した頃から好きで、一時期忘れていたときがあったけれど最近また呼ばれてまた見たくなってこの本を買った。
    まとまった文章は初めて読んだが本当によかった。なんというか、こちらの勝手なイメージとか願望でしかないのだけれども、この絵を描く人の文章がこれでよかった、というしっくりした納得があってじんときた。自分の奥の方に深く深く潜っていってすくい上げたようなことばが静かに紡がれている。ゆるゆるとつきまとう後ろ暗さのようなものも、この人の闘いのあらわれのように思えて、それがまたよかった。
    とにかくすべてがとてもよかったです。

  • イラストすぎず芸術すぎず丁度いい心地よさ

  • 宮本輝氏の小説の挿絵として雑誌に掲載されたものに幾つかの作品と著者のエッセイを加えた一冊。画面の中には人物が描かれていないせいもあってか、穏やかな静寂に満ちている。いつ、どの場所を描いた、とはっきり明示されているわけではないが、道端の花や木々、家の軒先や川のある風景を見ていると、不思議と温度や手触りが伝わってくる感覚があった。写真のような克明さはないが、午後の寂しい明るさや真夏の光の濃淡がじわりと伝わってくる。久しぶりに味わうように絵を眺めた。一つ一つがほどよい長さのエッセイも絵と同じように静かな語り口で読みやすい。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする