いざというときに身を守る 気象災害への知恵

  • 求龍堂
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763016188

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  気象災害の怖さというものはその災害を体験したものにしかわからないと思う。

     少なくとも自分よりかは災害の状況を自分の目で見て体験しているだけ真実味を得るが、どうしてもその裏にある何かが足りないような気がする。

     何か、何かは何と聞かれてもどうしてもその答えを得ることはできない。しかし、ただ一つ言えることは災害という非日常な出来事が起こればその裏には数多くの災害体験者が発生しその人たちすべてにおいて被害対策等を解決させることはできないという事が重くのしかかってくる。

     積乱雲が一番怖いのかこの本には3か所絵と兆しが書かれている。
     急に黒い雲がむくむくとふくらんでくる
     真っ黒い雲が近づき、周囲が急に暗くなる
     雷鳴が聞こえたり、雷光が見えたりする
     ひやっとした冷たい風が吹き出す
     大粒の雨やひょうが降りだす

全1件中 1 - 1件を表示

伊藤佳子の作品

ツイートする