ひとりたのしむ―熊谷守一画文集

著者 : 熊谷守一
  • 求龍堂 (1998年9月5日発売)
3.90
  • (3)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763098047

ひとりたのしむ―熊谷守一画文集の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 仙人、熊谷守一。この方の有名な「へたも絵のうち」ってお言葉があるけど、熊谷先生みたいにめっちゃ絵上手い方に言われても説得力ないですね。といっても言葉通りの意味じゃないのかもしれないけれど。

  • 「人にはわからないことを、独りでみつけて遊ぶのが、わたしの楽しみです」96歳の時の言葉...から始まる画文集。


    やはり何かテレビか何かで見て、気になって図書館から借りたもの

    「いいです」

    画集に描かれてある、作者の言葉がいいです、何処か心にしみる感じがします。そりゃそうです、永年生きて来た人の重みがそこにあるからです。もちろん絵画も良いです。あれこれ評価は出来ないです...簡素化された線に色に「意味」があるからです。

    何かを突き詰めた人のこういう読み物はやはり好きです。

全2件中 1 - 2件を表示

熊谷守一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ひとりたのしむ―熊谷守一画文集はこんな本です

ツイートする