聖書に隠された成功法則

著者 : 松島修
  • サンマーク出版 (2010年2月22日発売)
3.82
  • (13)
  • (18)
  • (8)
  • (5)
  • (1)
  • 本棚登録 :154
  • レビュー :24
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763130419

聖書に隠された成功法則の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • つい、自分というものを否定的に捉えがちな自分にとって、自分のステイタスを認めよう、人は元々、ステイタスを持って生まれたのだ、というこの本の内容は、すんなり飲み込めるわけではないけれど、何度も読み返したくなるものでした。

    自分のタイプを診断するテストがついています。私は「人」タイプ。確かに当てはまります……。
    タイプ別の成功法則と、弱点が解説されています。

    そして聖書を宗教書として捉えてはいけない、ということを実感しました。

  • この一年くらい聖書を学ぶ機会を得ていた。成功法則というタイトルに聖書がついていたので何気なく手にとったが、自分の生き方を根底から見直すきっかけになった一冊だ。
    聖書は神様からのだラブレター、神は愛してくださっていた。神を愛し、自分を愛し、隣人を愛していこう。

  • どんなに聖書が素晴らしい本でも、それから意味を取り出そうとすると著者に都合のいい解釈が加えられているので、偏っている印象を受けた。

    これは別にある本の感想を書くとかではなく、翻訳する作業だけでも言えることだけど。

    あと、ところどころに投資とかの話を織り交ぜてくるので、余計に違和感のある内容になってます。

    書いてることはいいことだけれども。

  • あまり心に響かなかった。

  • 20の質問から"現時点での"自分の性質を4つのタイプに分け、それぞれの強み弱点を解説。納得の解説。内容の多くが、聖書から読み取る成功する人物像の解説。単純明快でためになる。読書メモへ。
    www.6000nen.com
    新共同訳聖書、新改訳聖書、リビングバイブル 参照
    新世界訳聖書は聖書と認められていないとのこと。

  • 聖書は読んだことないし、私はクリスチャンでもないのだがこれは読みやすかった。言葉というのは何を言っているか、よりもどう捉えるかが大事なんでしょうね。

  • 私にとっての成功哲学の集大成でした。

  • 良書かな

  • 本当にに必要なのは能力ではなく、準備が(特に心の)できているかどうか。

    お金(力)は持った人の心を増幅される。(良い方であっても悪い方であっても)

    恐れによって何に支配されているかがわかる。
    →恐れを理解することで支配から解放される。

    富の源泉は思考の中

    行動力=決断力

    価値ある仕事に困難はつきもの

    大きなことを任されるには、小さなことに忠実になる(集約・集中)

    経験値のない力は不安定
    1番大事なことを朝1番に行うことを習慣づける

    知識を使って体験した結果、得られるものが知恵

  • クリスチャンではありませんが、キリスト教系の幼稚園に通い、ジョゼフ・マーフィーの成功法則に親しんでいたので、神様とかお祈りとかに抵抗がなく、この本に書いてある内容はすんなり頭に入ってきました。
    宗教ではなく、「信仰」として何か信じるものを持っていると強く生きられる気がします。
    ※電子書籍で読んだけど、Kindle洋書と区別をつけるために、紙版で登録。

全24件中 1 - 10件を表示

聖書に隠された成功法則のその他の作品

松島修の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
ジェームズ アレ...
マルコム・グラッ...
デール カーネギ...
レオ・バボータ
有効な右矢印 無効な右矢印

聖書に隠された成功法則を本棚に登録しているひと

ツイートする