メールの超プロが教えるGmail仕事術

著者 :
  • サンマーク出版
3.40
  • (30)
  • (72)
  • (99)
  • (28)
  • (5)
本棚登録 : 900
レビュー : 115
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763130488

作品紹介・あらすじ

一目瞭然のメール管理、アイデア・メモの備忘録、「濃い情報」の一発検索、全自動メルマガ図書館の構築…。Gmailのパワーを120%引き出し、仕事の効率を劇的に変える「最強の活用法」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 10こくらい発見があり、3個くらい採用があり、それで十分満足。

  • 技術は進歩しているけれど、根本的な考え方のし好性は6年では変わらないんだな。

  • 先日読了した『読んだら忘れない読書術』の中で、著書として紹介されていたため、興味を持ち読んでみました。

    Gmailの活用方法や設定方法が丁寧に解説されていて、知らなかったこともあり参考になりました。ただ、本文中にも記載されていましたが、情報が2010年2月時点でのものですので、細かいところで変更されている部分もありました。

    自分にとっては有用な情報も多数あったので、設定の見直しをして、より快適な環境にしていきたいと思います。

  • エイリアスを使う。ショートカットを使う。定型文のテンプレを使う。これらが参考になった

  • ◯出会い
    樺沢紫苑さんの「読んだら忘れない読書術」の中でのご紹介。

  • 今月の1冊目。今年の11冊目。

    なんだかんだ知らない機能があったので、勉強になった。

  • 4年前の本なので古い。機能も大体は知ってて使っているもの。

  • はじめて、Gmailを使う人には、おすすめ。また、機能の説明だけでなく、具体的な仕事術が記載されているので、とてもわかりやすい。

  • 「1秒短縮」がもたらすのは、時間以上に精神的なメリット。

  •  人気のメルマガを発行する筆者が教えるGmailを活用した仕事術。

     私自身も、GoogleがGmailのサービスを始めた頃からのユーザーですが、正直、へぇ、そんな機能もあったのかという内容もありました。といって、決してマニアックな内容ではなく、実践的な、本当に仕事に役立ちそうな技が数多く紹介されています。

     こうした本でありがちなのは、設定の紹介に妙にページをとられるパターンですが、この本に限ってはそういうことはありません。逆に言うと、設定の画面の図などはほとんどないと思った方がいいでしょう。画面の図がなくても困る場面はないと思いますが、初心者の方はちょっと中をのぞいてから買われた方がいいと思います。

     問題は、Gmailに限らず、クラウドを仕事に活用できる環境にあるかどうか。昨今は、情報の管理が厳しくて、職場のサーバーからデータを持ち出すのは、難しい人の方が多いのではないでしょうか。また、常にネットに接続できる環境がない場合もダメですね。アクセス制限で、Gmailにアクセスできない職場も少なくないはず。

     そういう場合は、仕事術はあきらめて、プライベートに活用するしかありません。

     どちらにしても、Gmailに興味のある人、必読の書です。

全115件中 1 - 10件を表示

プロフィール

精神科医、作家
1965年、札幌生まれ。1991年、札幌医科大学医学部卒。2004年からシカゴのイリノイ大学に3年間留学。帰国後、樺沢心理学研究所を設立。
メールマガジン「精神科医・樺沢紫苑 公式メルマガ」など15万部以上を配信している。その発行部数は国内でも屈指。
Facebookページの「いいね! 」数は14万を超え、個人では最大規模のFacebookページ運営者として知られている。Twitterフォロワーは約12万人。こうしたインターネット・メディアを駆使して、精神医学、心理学の知識や情報をわかりやすく発信している。
また、過去20年間の読書数は6000冊以上にものぼる。その脳科学的な裏付けのある「記憶に残る読書術」により得た知識や情報をSNS上での紹介や執筆活動を通じて広くアウトプットしている。
著書に『読んだら忘れない読書術』『ツイッターの超プロが教える Facebook仕事術』『SNSの超プロが教える ソーシャルメディア文章術』(サンマーク出版)などがある。

「2018年 『いい緊張は能力を2倍にする』 で使われていた紹介文から引用しています。」

メールの超プロが教えるGmail仕事術のその他の作品

樺沢紫苑の作品

メールの超プロが教えるGmail仕事術を本棚に登録しているひと

ツイートする