人生を変えたければ「休活」をしよう!

著者 :
  • サンマーク出版
3.38
  • (29)
  • (60)
  • (70)
  • (32)
  • (6)
  • 本棚登録 :615
  • レビュー :104
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763130495

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ありゃまです。
    「人生を変えたければ「休活」をしよう! 」 を読んだとです。
    こんな話を聞くと、ボクでもできるかな、と思ってしまいます。
    しかしよく読むと、著者の大田さんの隠された過去が明らかになりました。
     http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20120812/p1
        
    ありゃまです。
    人生で成功するためには、自分が死ぬ時のシーンをイメージして、そこから逆算して行動することだそうです。
    ボクがイメージすると、どうしてもこんな風になってしまいます。
    【消費税増税のために大恐慌となって崩壊しつつある経済状況で、
    放射能汚染で土地も食料も汚染され、健康な人がほとんどいなくなった日本で……】
     http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20120812/p1
        
    ありゃまです。
    一生懸命やっていたら、必ず誰かが見ていてくれる。
    信用は二次関数でついてくる、半年を越えたあたりから加速度がついてくるそうです。
    でもボクは、10年以上書いてるけど、全然加速度がつかないとです。
     http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20120812/p1
        
    ありゃまです。
    コミュニティに集まる3つのタイプは、与える人、受け取る人、盗んでいく人 だそうです。
    ボクはどちらかと言うと、存在感のない人、いてもいなくても同じ人、仲間に入れない人です。
     http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20120812/p1
        
    ありゃまです。
    信用をつくるのは半年、失うのは0。1秒だそうです。
    ボクは何十年かけたら信用を得られるのでしょうか。
     http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20120812/p1
        
    ありゃまです。
    それにしても、消費税増税に不安定雇用。
    一般庶民のできることは、所詮休日の活動を充実させることくらいです。
    日本経済は一体どうなっていくんでしょうか。
          
    ありゃまです。 ありゃまです。 ありゃまです……。
    http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20120812/p1

  • 休日を、朝から好きなことに、という点は思っていることで同意。
    あとはすっと読了。

  • 休みの日を有効活用しようということが具体的にかつ説得力ある内容で書かれていて読みやすく、実践しやすい印象をうけた。

  • 休活という言葉
    初めて見たので購入。
    うーーん。
    なんだか、いまの自分には
    ぴんとこない。
    いままで、休みにあれこれ
    動いてたから。
    逆に、その先、 を期待して
    買ったんだけどな。
    でも、定年までの時間
    休みを計算するとかなりあるな、と実感。
    いま、とにかく休みたいんだよね。
    休活じゃなく、休むを休む
    かな。

  • 世の中の8割の人は、「面倒くさい」というだけの理由で、「やったらよいとは思うけれど、実行に移さない」のです。
    信用は、2次関数のグラフと同じ動き方をする

  • 一般的なサラリーマンならば与えられる年間1/3の休日を使って、人生を豊かに生きることを勧めた本。著者の大田さんは勉強会の主催者だが、週末すべてを勉強会に充てているのではなく、日曜日は家事と家族と過ごすと決めている。休活をするには、まず寝て過ごすことを辞めることから始め、家族の理解を得る、逆に巻き込むことが必要。会社での肩書きが全く通用しないので、自分がgiveできることで信用を得ることを目指す。信用が蓄積されるのは半年位かかるが、崩れるのは一瞬

  • 人脈を広げて人生豊かにする為のノウハウ本!特に既婚者や婚約してる方にはうってつけ!…間に合えばw

    【A書評】
    ワクワクする非日常の、休日の朝を演出して有効活用しよう☆

    考えた事は行動に移し続ける!

    全員から信用される事はないと割り切る!

  • 筆者は「休活」=勉強会・コミニュケーションだが、他の休活もある。
    人それぞれの休活があるだろう。この本を参考に、僕は僕の休活をしよう。

  • 著者はサラリーマンと休活を両立させ、「社会的に個人として勝負できる力」を身につけた。具体的にはいろいろな業界に、なんでも相談できる1,000人のお仲間が居るという。


    ・休日を怠慢に過ごす時間を代償に、自分の好きな道を極めて、人の役に立つ。
    ・人生経験を稼いで(行動)、貯めて(聴く)、与える(教える)こと。
    ・「第三の居場所」を充実させることで、仕事と家庭も充実させてゆく。

    これもワーク・ライフバランスの考えだ。

  • 一年の1/3は休日であるという事実を認識し、その休みをどう利用して人生を豊かにしてくべきか書かれた本。

    仕事と家庭以外のもう一つの自分、第三の場所が人生には必要。

    休活という新しい言葉も非常に良く、興味が魅かれるタイトルだと思う。

    イラストもあり、ポイントをつかんでいる。最後のおばあさんとの会話は必見。

全104件中 1 - 10件を表示

人生を変えたければ「休活」をしよう!のその他の作品

大田正文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
小山 龍介
ジェームス W....
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

人生を変えたければ「休活」をしよう!を本棚に登録しているひと

ツイートする