5%の人 時代を変えていく、とっておきの人間力

著者 :
  • サンマーク出版
3.89
  • (20)
  • (13)
  • (19)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 207
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763130525

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読みやすい
    メッセージが強い

  • 人とは違う事する5%の人間になれるかどうかというのは何と言っても行動力の有無でしょうね。

    この著者の経営している「読書のすすめ」という本屋もとても気になりました。

    一度行ってみたいですね。

  • 常識は時代によって変わる。95%の大衆は常に洗脳される。操られる。洗脳されない5%の人になりなさい。そのためには大衆の意見に左右されない強い信念を持ちなさい。中道の道を走りなさい。春には春、夏には夏、秋には秋、冬には冬を楽しむのが中道の道。どんな状況でもそれを楽しむべきポイントが必ずあるということ。坂本龍馬の「三方よし」という考え方、スティーブ・ジョブズの「ハングリーであれ、愚かであれ」に学ぼう。

  • 清水さんの他のを読んでいたので
    同じだったなと

  • メモ。

    着る服も知名度も自分のためではなく、相手のために身につける。これが心の「上」の影響力

    歴史に参加しているという意識

    人を信じ、支える人になろう
    普通と違うからダメでなく、スケールをこえた何か大きなことをやる可能性

    人は変えられない。この人はこのままでいいんだ。このまま応援してあげようと信じられるようになったとき、奇跡は起こるもの

  • 大衆は扇動、洗脳されている95%、洗脳されない5%になれ。
    しかし自ら目立とうとはしない。
    同じ語るなら、自分の背中で語る。口から嘘は勝たれても背中で嘘は語れないから。
    未来を先舞わw理して点と点をつなげることはできない。将来それが何等かの形で必ずつながっていくと信じなくてはならない。

  • 特別な人間になりましょう!
    という本ではない。
    自分を信じることの大切さ
    自分で殻や限界をつくらない
    大衆に左右されない
    自信をもって、自分の感覚を信じ、具体的に動く
    師を目指すのではなく、自分の良さを生かして、超える気持ちで!

  • 読書が心の栄養になることは、わかっているつもりだったが、吸収した知識を、行動して消化しないと、心の肥満児にんるなんて!なんと素晴らしい言葉!!まさしくその通り!!!
    さっそく、行動しよう!っと。

  • 自分の責任にできるのが心の”上”の人 自分の機嫌は自分で取る 歴史に参加しているという意識 流れる水は腐らぬとか 水5則 おれがおれがの”我”を捨てて、おかげおかげの”下”で生きる 
    2014.9.25 再読
    読書のすすめ で求めた本 著者のサインを頂く
    スティーブジョブズのスピーチ日本語訳が記載されていたことを忘れてしまっていることに残念に思った

  • レビューは近日中に書きます。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1961(昭和36)年 東 京 生 ま れ。 書店「読書のすすめ」代表、逆のものさし講主宰。
大学在学中、たまたま暇つぶしのために読んだ司馬遼太郎『竜馬がゆく』 第5巻との出会いがきっかけで、突如読書に目覚めるとともに、商人を志す。大手コンビ二エンスストアの店長を10年務めたのち、平成7年 に東京都江戸川区篠崎で小さな書店を開業。「10年や20年前の本でも、大正時代に書かれた本であっても、その人が初めて読む本はすべて新刊」という信条のもと、常識にとらわれない知恵と情熱で商いを続けた結果、全国からお客さんが訪れる繁盛店となる。著書に、『「ブッダを読む人」は、 なぜ繁盛してしまうのか。』『非常識な読書のすすめ』(以上、現代書林)、『5%の人』 『他助論』(以上 、サンマーク出版) 、『魂の燃焼へ』(執行草舟氏との共著 、イースト・プレス) 、『魂の読書』(育鵬社) など、多数。

「2018年 『準備された世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

5%の人 時代を変えていく、とっておきの人間力のその他の作品

清水克衛の作品

5%の人 時代を変えていく、とっておきの人間力を本棚に登録しているひと

ツイートする