「病気」と「健康」の法則

  • サンマーク出版
3.67
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763130914

作品紹介・あらすじ

古今東西の医療に詳しい博覧強記の医師がたどり着いた結論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • しっかりと深い呼吸をすること.その結果,健康が促進されます.納得.

  • 脳外科医だった著者がホメオパシーや東洋医学の考え方に接し、「健康とは、病気とは」を論じたもの。

     「体には負荷をかけよ。エネルギーを使い切らない範囲で不規則な生活をせよ」
     「風邪をひくのは免疫力をつける格好のチャンス。薬を飲まないで治す」
     「肉などなにかが食べたいときはその成分が不足し、体がその食材を求めている」
     「ライフフォース」
     「最後の1日まで健康で死ぬ」

  • 病気への対症療法の意味を考えさせられ、また、症状の役割も考えさせられた。ワクチンのリスク(他の抗原に対する抗体を作りにくい身体になる)も参考になった。
    健康づくりのための瞑想(呼吸)や腸内微生物の効用、不規則な生活のススメなど、なるほどと感じるところも多かった。
    ホメオパシーも紹介されているが、西洋医療を全否定する書き方ではないと感じた。
    14-7

  •  著者は、突き詰めると生体のどこかでATP(アデノシン三リン酸)というエネルギー源が不足しているから、人間は病気になると結論づけています。
    「健康」とは、生体内のエネルギーバランスがきちんと保たれている状態です。頭痛薬で頭痛を抑えればいい、という単純な発想では、本当の意味での健康にはなれません。

     詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=2072

全4件中 1 - 4件を表示

「病気」と「健康」の法則のその他の作品

「病気」と「健康」の法則 Kindle版 「病気」と「健康」の法則 ロバート・ハシンガー
ツイートする