今日は、心をみつめる日。

著者 : 衛藤信之
  • サンマーク出版 (2010年11月18日発売)
4.04
  • (23)
  • (17)
  • (10)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :156
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763131119

今日は、心をみつめる日。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とても優しい語り口なので読んでいると心がホッとします。

    色々な人達のエピソードを交えながら人生を豊かに暮らすのに一番大事なことに気づかせてくれる一冊です。

  • 結構前に読んだ本なのであまり内容を覚えていない。ただ、この著者の本はあまり自分には合ってないなぁと感いたのだけおぼえている。

    以上

  • 物事をとらえる視点を二人称から一人称へと転換する。
    ないものを求めるより、あるものに感謝しよう。

  • よくある自己啓発本ではなく、書いてあることがごく冷静でうけとめやすい。

  • 整いました。

  • どんなことでも二人称ではなく一人称で考えるというところが印象的でした。ついつい人のせいにしてしまいがちですが、それは自分の捉え方次第なんだということを改めて実感しました。
    インディアンの人たちの考え方はとても素敵だなと思いました。
    全体的には読みやすくて良かったです。

  • 恥ずかしい題名の本を買ってしまった。心が弱っている時に、ついついこの類の本に手を出してしまうKindleの罠。「皆さんには仕事ができる部長より、定年後も、部下が遊びにくるような部長を目指していただきたいのです」難しいなあ。

  • 幸せになるためには?という問いに心理カウンセラーの目線で書かれてあります。また、衛藤先生は、インディアンと共に生活を経験をされたこともあり、インディアンの観点から書かれてあることには大変興味深かったてす。

  • これはお薦めの本です。とても共感できる生き方が書いてあります。幸福は身近にあるもの、すなわち「いま」を深く生きること。足るを知り、自分を愛することができるように生きる。そして死は忌むべきものでなく、生命のはかなさを通じて、いまこの瞬間の大切さを痛感させてくれるという考え方は素敵だと思う。

  • あまり響いてこないのでさっくり読み。やはり衛藤氏は私にとってはブログな読み物止まりか。ただし、ネイティブアメリカンと過ごした経験からの見聞や物語はストンとおちた。

全23件中 1 - 10件を表示

今日は、心をみつめる日。のその他の作品

衛藤信之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロンダ・バーン
松下 幸之助
落合博満
シーナ・アイエン...
ジェームズ アレ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

今日は、心をみつめる日。はこんな本です

今日は、心をみつめる日。を本棚に登録しているひと

ツイートする