体の病気も心の病気も首で治る

著者 :
  • サンマーク出版
3.38
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763131188

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スマホを一時も離せない人達が多い現代人はみな下向き病にかかっていると言えるかもしれません。

    首の緊張をいかになくすかというのはとても大事だと思います。

    個人的には首の緊張には眼もかなり関係があると思います。

  • スマホ、パソコンが原因で首に負担をかけている人が多い。

    それがうつを引き起こす時もあるから、注意が必要。

    私も首痛続きなので、これを参考にしてみます。

  • 2012/5月
    これは結構あると思いました

  • 体の不調が副交感神経の不調からというのはわかる気がするが・・・ 書かれている治療法でほんとうに治るのか? これから試してみるしかないですね。

  • 守山:2011.8月28日
    いつも元気そうに見える人でも全てが健康というのは年齢と共に減ってくるのはいかし方無いことですね~。最近はパソコンや携帯TVゲームの目覚ましい発展により知らず知らずに下向き生活をするようになり不定愁訴の患者が実に多い事がわかって来たようです!
    今回の書は首の重要性について詳しく書かれています。
    体調不良の方必読です。参考にはなると思いますよ

    赤木:2011 10/11
    普段頭痛持ちで、常に薬を持ち歩いている私にとって非常に興味深い一冊でした。本にもあったように日常生活からの改善を心がけて行きたいと思います。

    湖浜:2011.11.15
    自分にも思い当たる事が多かったような気がします。 自然と首を気にしながら読んだ一冊。  ・・・しかし、まさか某皇太子妃の病状まで切り込むとは。 ちょっと心配です(著者が)

    中山:2012.3.9
    頭痛、うつ病、更年期障害、メニエル、自律神経失調症、めまい、ドライアイ、草食男子等、すべて首のこりが原因です。ドーーーーン!といったことが書いてます。ほんまかいな、と思います。ただ、僕は猫背やし、首が異常にこってるし、姿勢を正していかなあかんなと思わせてくれました。首はいろんな神経が集まっている場所らしいので、気をつけたいです。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1967年、東京大学医学部卒業。脳神経外科医。アルバート・アインシュタイン医科大学で脳腫瘍研究ののち、ジョージタウン大学で世界初の全身用CTの開発に従事。日本中すみずみまでCTスキャナを普及させて、日本が世界一のCT保有国となるのに尽力し、脳卒中死を激減させた。また、野球におけるデッドボールの研究成果がもととなり、今の耳付きヘルメットの基準が決まるなど、耳付きヘルメットの完成・実用化をもたらす。帰国後、大阪医科大学助教授、帝京大学客員教授等を経て、現在、松井病院理事長、東京脳神経センター理事長を務める。78年に頚性神経筋症候群を発見。30年以上首の研究を続け、自律神経失調症の治療法を世界で初めて完成させた。著書は、『CT scan 診断のための脳解剖図譜』(医学書院、平野 朝雄共著国際出版文化大賞受賞)、『慢性疲労は首で治せる』(角川書店)、『不調の95%は「首」で治る!』(講談社+α文庫)ほか多数。

「2015年 『首は絶対にもんではいけない! 首は脳の一部、強くもむと不調を引き起こす』 で使われていた紹介文から引用しています。」

体の病気も心の病気も首で治るのその他の作品

松井孝嘉の作品

ツイートする