ためこまない生き方

著者 : 越山雅代
  • サンマーク出版 (2011年2月11日発売)
3.43
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • 33人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763131348

ためこまない生き方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うれしいとココロにゆとりと自信が生まれます、そうしてまわりにハッピーな波動がどんどん広がれば世界が変わる。
    強い運を持つ人にはそれなりの学びもやってくる。それをクリアして直進し、成長するたべに、自分の運の強さを活用し、さらに成長し、もっと強運になる。まずは自分が強運だと信じること。そして与えられた課題にどんどんチャレンジすること。
    人のために何かをさせていただくこと。

  • チェック項目8箇所。この本にはあなたが人生でベストの方向へ変化していけるヒントをたくさん書きました、ですから、安心してどんどんチャレンジをし、今ここに生きているということに常に「感謝」の心を忘れないようにしながら、学びと成長を続けていってください。たくさんの人たちを助けていくうちに、私は、「実はずっと病気でいたい人」がいることに気がつきました、こういう人は、「病気で困っている」「早く治りたい」と口では言うくせに、よくよく見ていると、治るためによいとわかっていることでも、徹底的に真心をこめて一生懸命に実践するということをしないのです、そして、結局は適当に、いい加減にしか努力せずに、他人に期待をするだけで、自分で自分の「運転席」に座りたくないのです、自分は怠け者のままで、周りや社会に依存し、責めるのです。「いいことの告げ口」、これは、よい人間関係をつくるチャンスになります、だからまず、普段からアンテナをしっかり張って、ほんの少しでも誰かが他の人のことをほめたりよく言ったりするのを、逃さずキャッチすること、そしてキャッチした情報は、すかさず本人に伝えます、伝えるときには、ほんのちょっぴり大げさに、がおすすめ。人生で大切なことを決めるときは、自分で「考える」のではなく、自分の直感や閃きをひたすら待ち、その閃きがピンときたら、すぐにそれを実行に移すのが大切です、「悪い頭」で考えるのは、やめること、これがいちばん、賢い頭の使い方です。まっすぐな、健康な体で「気」がうまく回っていれば、頭脳、内蔵、関節などはもちろんのこと、元気、やる気、根気などのいろいろな「気」や、集中力、決断力、行動力なども生まれ、人にも優しくできる、そうすればきっと、さらに「いいこと」が起きるでしょう。実際、本当に忙しい人というのは、次々と入ってくる仕事を、どれも滞らせることなく、どんどん片づけていきます、そして、「時間がない」とは決して言いません、時間を上手に賢く使って、「時間をつくっている」からです。挨拶をするときに、欧米では「Hello,Msayo!」などと、必ずといっていいほど、相手の名前を呼びかけます、会話の時に名前を入れると信頼関係も愛情も深まるというのはアメリカでは心理学でよくいわれていることです、でも、日本人の場合は「こんにちは、雅代さん」と言う人はまれです。「私たちが信じていることの90%は、幻想にすぎない。だから幻想を信じて生きている多くの人々は、本当の幸せをつかめないのだ」。

  • ■2011.11 購入&読了

    1テーマごと見開き完結なのでとても読みやすい
    文章も難しくないのでサクサク読める

    購入したその日のうちに
    数時間で読み切ってしまった
    『そうそう!そうなんだよー!』と何度も頷いたり納得したり…笑

    今はじっくりと噛み締めながら2巡目

    『なるほど!』と思っても
    なかなか実行するまでには到らない
    何度も何度も繰り返し読みたい

全4件中 1 - 4件を表示

ためこまない生き方のその他の作品

ためこまない生き方 Kindle版 ためこまない生き方 越山雅代

越山雅代の作品

ためこまない生き方はこんな本です

ツイートする