気づきの扉

制作 : 川瀬 勝 
  • サンマーク出版
3.20
  • (0)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (94ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763131560

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人生というものに関する自分の意見にあまりにとらわれ過ぎているために、自分の信念が作り出している世界を現実と勘違いしている。ちょうど夢を見ているように。
    意識はあなたのすべtえの体験に必ずある不変の背景。意識こそが変わりゆくすべてを見つめる不変の観察者。意識はいつもそこにある永遠の存在。
    生きてるのは、それだけで奇跡であり、これほど荘厳な神秘はない。

  • 30分くらいで読める100ページの薄い本です。内容的にはアドヴァイタ。通常の自我から気づきへアイデンティティーの変換を促す本です。たった一時間で人生が目覚める本、とのキャッチです。残念ながら私は目覚めませんでしたが。でも魅力的(刺激的)な本ではあります。

    著者のティモシー・フリークは哲学者、思想家とのことで、様々な宗教や哲学の研究をしている方だそうです。キリスト教のグノーシス主義を研究したThe Jesus Mysteries、という著書が英国、米国でベストセラーになったそうです。

  • 24.1.17 読了

  • 【NASA推奨・外界はなぜ自分の内側なのか理解本】

全4件中 1 - 4件を表示

ティモシー・フリークの作品

気づきの扉はこんな本です

ツイートする