夕方5時から「社長」になる!

著者 :
  • サンマーク出版
2.85
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763131836

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【No.49】「”価値なんてない”と思い込んでいた、自分の内に隠されていたもの。コツコツと、人知れず、あるいは自分すら気づかずにいつのまにか積み重ね、ためこんできたもの。そのようなものから突然、億単位の価値が生み出されることもある」「人々の”悩み””困りごと”への解決法をコンテンツにした情報教材は、非情にヒットする可能性が高い」「人は、自分の知らないことに興味や欲求を抱くことはできない」「結局何をやるにも、”モチベーション”が大事で、それこそがものごとを継続させます。そして、最終的に”成功”と呼べるような高みに到達するためには不可欠なもの」

  •  情報を教材化し、ダウンロード方式で顧客に販売する。
     十人のあったらいいなを形にできれば一定の需要ありか?。
     広告もチラ見せよりも、露出多い方が効果的とのこと。三割打者で十分利益が出る可能性。元手がかかっていなければ、さもありなんか。

  • 情報教材の販売を副業にすることで、副収入を得ることができる。だれにでもできることで、ほんのちょっとしたコツでお金に困らない暮らしが手に入ります・・・というお話。


    情報教材とは、様々なノウハウを提供するテキスト・・かな。
    たとえば、バストアップ法とか、ダイエット法とか。
    面白いモノでは、おしりのかゆみ解消法なんていう例も挙げられていました。


    自分は人に教えられるような情報を持っていない、と普通は思うのですが、ほんのちょっとした成功体験などがあれば、それが情報になる、要はネタの見つけ方、ものの見方次第であり、誰にでも売れる教材が作れると言います。


    しかし、章を読み進んでいくと、売れる教材の条件のようなものが示されてきて、やっぱり誰でもってワケにはいかないんじゃ無い?と思ったり^^;。


    さらに、販売促進にはやはりそれなりの労力と工夫がひつようなようです。
    まぁ、結局はすべてやる気とセンス次第のような気もします。


    誰でもできますよって主張したいんでしょうけど、少なくとも私は、ヨシ、やってみよう!という気にはなりませんでした^^;。

  • 言っていることはわかった。副収入に対する望みも持てた。だが、どう始めるのか、具体性に欠けるのが、惜しい。

  • うーん 怪しい気もするけど何だかそんな気になってしまう一冊
    もう少しよく学ぼう

全5件中 1 - 5件を表示

田中保彦の作品

ツイートする