練習しないで、字がうまくなる! 15分でガラリと変わる上達法

著者 : 阿久津直記
  • サンマーク出版 (2011年12月16日発売)
3.61
  • (7)
  • (8)
  • (9)
  • (3)
  • (1)
  • 82人登録
  • 15レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763131973

作品紹介

道具を選ぶ。字にメリハリをつける。下手だからこそ、ひと手間加える。-練習せずに字がきれいになる3つのステップ。

練習しないで、字がうまくなる! 15分でガラリと変わる上達法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「キレイな文字は、毛筆の特徴を持った文字」というのは理解していたけど、「そもそも、硬筆で線の強弱を表現するのは無理!」と思ってた。だけど、ボールペンでも適切な道具使って、起筆/トメ/ハネ/ハライに気をつければ、そういった表現は可能と。この指摘が、自分の中では一番有益な情報だった。
    道具選びについては、ボールペンの油性/水性だけでなく、染料/顔料の違いによる発色の違いにも言及されてて、この話も新鮮だった。これまで書きやすさだけで、ジェットストリーム一択だったけど、ボールペン選びに新しい観点を与えてくれた。
    非常に良い本だけど、前半のペン字教育へのディスが冗長で、読むべき部分は全体の半分くらい。

  • 好きなだけ食べ運動しないで痩せる!(笑)に近い怪しさを感じるタイトルですが、なるほどなるほどと納得しながら読み、日本が誇る超高性能低価格ペンをコンビニで早速買いました。発色は濃く、漢字の三は一画目と二画目が同じ長さでOK、ゆっくり書く、縦書きには罫線を三本足す、ひらがなは縦の線をしっかり長く、偏は右に揃え旁は真ん中に寄せる、これから意識してみたいと思います。

  • 似たような本を続けて読んだから内容がごっちゃになってる(泣)
    筆記用具はさっそく購入しようと思ったが、店頭で試し書きしたら私にはあまりしっくりこなかったので購入せず。

  • 綺麗な字とは書道の字とは目から鱗だった。とめ・はね・はらいを気にするなどを実践したら、綺麗とは言い難いが、以前よりは整った字を練習なしで書けるようになったので効果あり。

  • 目からウロコといいますか。練習しなくても確かに「読んでもらえる」字がかけるようになりました。これはすごい。「綺麗な字を書く」のではなく、「読みやすい字を書く」というところがすごく説得力がありました。確かに、通信講座でも字がきれいにならないよな~というのも納得です。

  • 個人的には『○○しないで上達する!』『楽して上手くなる!』みたいなタイトルや売り文句は信用できないのですが、たまたまふと手に取ってしまったこの本は、ちょっと違いました。とても理論的で、要点を得ていて、余分なことは省いている。ペン字でも習おうかと思っている方は、まずこの本を読んでから決める方がいいかもしれません。

  • 所在:展示架
    請求番号:728.9/A39
    資料ID:112017953

  • 読んで良かった!
    ペン字講座始めようかなと本気で考えていたので。

    この本を読むと
    「ただ綺麗な字が書きたい」というだけの人であれば
    さっぱり爽快に「見苦しくない字であれば良い」と思えるようになるかと(笑)
    無駄金使わずに済んで感謝。

    履歴書など丁寧に書く、と言っても
    下手な人が丁寧に書いても
    所詮汚いです。
    でもなぜ「丁寧に」書いても汚いかと言うと
    結局「丁寧な字の書き方」が分からないからなんですよねえ。
    …という事にこの本を読んで気が付きました。

    そもそも「どういう字が綺麗に見えるか」という事を答えられない人間が丁寧にと言われて頑張ってみても頑張り方が正しくないのだから汚いに決まってますね;

    ようはポイントを押さえれば見苦しくは見えなくなります。
    現在実際に住所とか書いて練習しているのですが
    具体的に丁寧の意味が理解出来れば意識が変わるので
    随分変化が出るようになります。

    まず今までは字が小さかったのですが
    小さい字では丁寧が実行出来ないと実感したので字が少し大きくなります。
    それを比べて見るだけで
    小さい字がどれだけ雑に書かれていたのがすごく実感出来ますよ;
    意識的に書いた字とただ書いた字にこれほど差があるとは、と驚きの連続です。

    本の表紙には15分でがらりと変わる、とありますが
    まさに。
    急に綺麗にはなりませんが変化は実感しまくれます。

    大事な事ですがこの本はどうやら
    「字を理解していて下手だった人」向けの本です。
    つまり、私も読んですぐ実行しようと思ったのですが
    肝心の「どこではねるか」等が恥ずかしながらほぼ分かりませんでした。実行できない!
    普段はねたり止めたりなど略していたので正しい形がまず分からない。
    「よく使う漢字の書体と筆順」と言う本を見ながら正しい形を覚えて…
    …!って私この横線上の線より長く書いてたのに違った!!!とか
    もう救えないレベルが露呈されたり色々勉強になりました。

  • うーん。
    これだけゆっくり書けば格好良く書けるのは経験している。それにこの書き方は書道と同じ。一画づつ気を付けて書いていくことの先には、早く格好良く書けることに繋がるのか。リハも一緒か。

  • 読んだだけでは、なかなか身に付かない。
    実践あるのみ。

全15件中 1 - 10件を表示

練習しないで、字がうまくなる! 15分でガラリと変わる上達法のその他の作品

阿久津直記の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
ブライアン・トレ...
佐々木 圭一
デール カーネギ...
三浦 しをん
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

練習しないで、字がうまくなる! 15分でガラリと変わる上達法はこんな本です

練習しないで、字がうまくなる! 15分でガラリと変わる上達法を本棚に登録しているひと

ツイートする