自分をえらんで生まれてきたよ

  • サンマーク出版
4.01
  • (48)
  • (38)
  • (28)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 344
レビュー : 58
  • Amazon.co.jp ・本 (135ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763132017

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とにかく、子どもはすべて神さまからの贈り物と考えて接しなければならない。

    生まれる前のことを知ってる子どもがいる。
    魂はあるし、生まれ変わりを繰り返しながら人は学んでいる。
    十年前そういうことを話すと「不思議な人ですね」「おかしいですね」「怪しくない?」など疎ましく想われがちだったし、身近な人や宗教者であっても迷信や習俗くらいにか思ってない。ので「やっぱり違うのかなあ」と心を閉ざしていましたしが、今そういうことを発信すると共感とかいい反応が増えてきた。
    ので実感として21世紀は魂の時代が来たんだなあと思っていますし、自信を持っていきたいです。
    ただ、中学高校大学では実証的で批判に耐えうる学問でないことは教えることができない。

    いちばん大切なのは自分の心と行いを正ながら、
    神や天とつながってることなのだけれども、
    殆どの人がそれを忘れて「我ん張る」ことが大切だと思ってゴミのようなものを宝だと勘違いして自慢したり、苦しんでいる。
    大切なことを忘れて知識ばかりになってる人は鎧でも着ているように生きるのが重たそうだし、
    いくら言ってもわかってくれない。
    知識や学歴よりもそっちがはるかに大切。
    目や耳で見える聞こえるとかいうのでなく、やってればそれが本当だったって分かる。

  • “人間は約束があるから、生きられる。次の約束があるから、生きられる。”
    “言葉は、心のめがねだね。言葉を使うと、心がはっきり見える。”
    ・・・短く、優しい表現にハッとさせられます。

    “生きているというのは、大きな奇跡。”
    “赤ちゃんは、どのお母さんにするか、どんな体にするか、どんな性格になるか、自分で決めて生まれてくるのが、ふつうだよ。”
    ・・・こんな私のところへ来てくれた命、そして自分自身の命・・・これで良かったのね?とどこか安心を与えてくれます。

    じんわりと心が温かく、ホッとする本です。

  • 電車の車内広告で見て、気になって購入。
    りくくんのお話ししてくれる内容とやわらかい暖かい絵に心が穏やかになる。
    職場の待合室に何気なく置いてみようと思う。本当は悲しんでいたりつまずいている患者さん達に大々的読んでもらいたいけれど、そっと置いておいた方がこの本にふさわしいような気がする。

  • 病気の子が言う不思議な言葉。
    親、神様、地球へ愛。
    あまりにもピュアな愛に、泣かされます。

  • わずか9才の子に命の尊さについて改めて教えてもらいました。

    生まれつき疾患のある子供を「不幸な子」としてしまうのは「大人」の勝手です。
    その子にとっては「病気であること」が「普通」であり「病気であること」が「個性」なのです。
    それを大人の都合で勝手に「不幸な子」としてしまえば、それこそ本当に「不幸なこと」になってしまいます。

    よく「子供は親を選べない」と言いますが、よくよく考えれば自分の両親が居なければ今の自分が存在しないのであれば、子供となる赤ん坊も、親の組み合わせを選んで「この人たちに育てて欲しい」と選んで生まれて来る。という考え方も正しいのかもしれません。

    そうなのだとしたら、自分がもしも親になる日が来たとしたら、「私をあなたの親になることを選んでくれてありがとう」と言えるようになりたいです。

    この本はぜひ、子育てに迷っている方にはもちろん、人生に思い悩んでいる方にも読んでいただきたい一冊です。

    9才の子供に改めて人生と生きること、そして、命の尊さを教えてもらえる素敵な一冊です。

  • 主人公は、産まれる前から病気を背負い、産まれてきた。 その表現は幸せになるために病気になっているよ。 それで周りのみんなが仲良く、良くするために自分を見てくれる。 生まれたての純粋な心の持ち方を身に付けている。 まねできないなぁ~

  • ・あわてても同じ。あせっても同じ。落ちついて、人生は、ゆっくりがいい。
    ・生きているというのは、大きな奇跡
    プラスの言葉が多く出てくるので、読んでいてほっこりする。詩なので、じっくり時間をかけて、大事な何かを自分の中から掘り起こすように読んでほしい。

  • 以前栞菜が「わたしは産まれる前は宇宙人で宇宙からパパとママを見てた」と言ってたのを思い出した
    生前記憶って凄いね!そしておもしろいね!!

    読んでる途中で何度か斎藤一人氏の本を読んでる錯覚に陥った不思議な本

    にんげんは約束があるから生きていける
    次の約束があるから生きていける
    このフレーズにクッときた

  • 【科学的根拠がなくても】
    真理を突いている言葉たちだと感じます。
    命の不思議、今からでもたくさん、話をしてみようと思います。

  • 私の息子が小学一年生の夏に突然「お母さん、僕天国にいた時のことを思い出したよ!」といい、それはそれは詳しく生まれてくる前の天界にいた時の様子を教えてくれました。
    同じような内容がこの本でも書かれてあります。
    読むと心の底からあったかく、やさしい気持ちになる本です。
    いま何かに辛い方、生まれてきた意味に悩んでいる方にお勧めの本です。

全58件中 1 - 10件を表示

自分をえらんで生まれてきたよのその他の作品

自分をえらんで生まれてきたよ Kindle版 自分をえらんで生まれてきたよ いんやくりお

いんやくりおの作品

自分をえらんで生まれてきたよを本棚に登録しているひと

ツイートする