SNSの超プロが教える ソーシャルメディア文章術

著者 :
  • サンマーク出版
3.43
  • (11)
  • (32)
  • (27)
  • (10)
  • (4)
本棚登録 : 324
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763132178

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「アウトプット大全」で有名な精神科医樺沢さんの書籍。
    自分がブログや様々なSNSを行っているため、参考になるかなと思い購入。

    ソーシャルメディアのキホンは「濃い情報発信」と「心のこもった活発な交流」であり、
    ソーシャルブランディングの手法としてのキホンも
    「徹底した情報出し」と「共感を呼ぶ文章作り」につきるとのこと。

    そのライティングの手法として「共感ライティング」を紹介している。
    それは「共通話題」×「オリジナリティ」によって構成されるという。
    具体的には「共通話題」から入り、そのあと「専門話題に導く」というもの。
    プラスして「共時性ライティング」もソーシャルブランディングには有効。

    また、ネタ収集のコツとして「何か面白いことはあるか?」とネタを『探す」のではなく、日々の生活の中で起こりうる刹那の「面白い!」をキャッチできる能力を持つことが大切になっていくという。

    それ以外にも様々なテクニックが紹介されている。

    「アウトプット大全」と同じくインデックスっぽく紹介されているため、自分が知りたい内容だけピックアップしやすい。全体的に軽めの文章なのでサクサク読めた。

  • 今や、誰もがソーシャルメディアに文章を書く時代になった。でも、多くの人がノールールで文章を書いているのが現状。特に高校生。

    彼らの場合はTwitterが主だけど、これによるトラブルが本当に多くて参る。

    SNSとの距離の取り方とか、文章の書き方とか、そういったことはちゃんと系統立てて教えた方がいいよなあ、といつも思っている。

    そんなこともあって、ソーシャルメディアの文章術に特化したこの本を読んでみた。

    新しい発見もあって、予想以上にためになる本だった。

    ソーシャルメディアに文章を書く人は読んでおいて損はないかと。特にご商売でFacebookを使って発信している人はぜひ読むといいと思う。

    「数万人の人に読まれて困るような文章を、ソーシャルメディアに書いてはいけない。」まず一番大事なのはこれ。当たり前のことだけど、特に高校生はわかっていない。

    「“毎日残業で疲れている友人のAさん”などというふうに、具体的な読み手を想定して書く。」その方が結果的に多くの人に伝わる文章が書ける、とのこと。これはソーシャルメディアだけではなく、他の文章全般について言えることで、自分も意識しようと思った。

    そして、発見としては「ソーシャルメディアは自分の長所や得意分野を表現できる『自己ブランディングツール』である」ということ。なるほど、そういう視点はなかった。ただの身辺雑記ツールかととらえていた。

    よく、「会社の人事担当者が就活生のFacebookを見ている」なんていう話を聞くけど、使い方によってはソーシャルメディアは大きな武器になるのかもしれない。

    「企業だけではなく、個人もブランディングが不可欠な時代が必ずやってくる」と筆者は言っているが、さてどうだろう。

    いずれにしろ、ソーシャルメディアに書くときのやり方を知っておくに越したことはない。

    どうせ書くなら、自分にプラスになった方がいいに決まっているもんな。

  • SNSで情報発信をしている(しようとしている)人が
    そのポイントや注意点を知るための本

    第1章に大事なことは書いてある

    大切なのは
    「共感」「情報収集」「交流」

    すでに情報発信をしている人が読むと良さそうな本で
    これから始めようとしている人が
    始めるきっかけにする
    という本ではない

  • SNSを使う目的やマナーなどの「当たり前」を再確認でき、コミュニケーションに役に立つノウハウがわかりやすく紹介されていました。

    この作者さんの本、読書が苦手な自分にも読みやすくて助かります。

  • Facebook、TwitterなどのSNS、ブログ、そしてメルマガなどのソーシャルメディアを媒体とした「ライティング」のノウハウが書かれている本。

    特にためになったこと。
    ・ソーシャルメディアもリアルと同様の「社会人」として責任のある振る舞いが必要。
    ・ソーシャルメディアで歓迎される文章とは、「上手な文章」ではなく、「共感を呼ぶ文章」であること。
    ・特定の誰かをイメージして書くと、共感してくれる人が他にもいて、結果として多くの人に響くコンテンツになる。

  • 仕事に役立つかと思い読んでみました。

  • おっさんの頑張ってます感がひどいかなと。

  • この本を読んで自分自身が物事に対してアウトプットする習慣を持っていなかったことに気付かされました。
    少しずつでも人に伝えること、紙に書く、文章に対する苦手意識を払拭できる一冊に出会えました。
    さっそく実践してみようと思う。

  • 2014年9月8日読了。主にFacebookへの投稿について、「いいね!」やコメントを集める文章を書くコツについて解説する本。4年前にこの人の映画トークショーを聴きに行ったことがあり興味があって読んでみた、昨今では個人情報の流出だのとFacebookやSNSのネガティブな側面ばかりが強調されて伝えられているような気がするが、真正面から「ソーシャルはよいものだ!効果的に使おう!」と説くこのような本をたまに読むのはいいものだ。「リアル空間で1000人を前にして話せることだけを、SNSには投稿すべし」「SNSでの発言は家の中ではなく、家の外に張り紙をするイメージ」など表現も分かりやすい、「超プロ」ってなんやねんとは思うが、参考になった。

  • 数万人の人に読まれて困るような文章をソーシャルメディアに書いてはいけない。

    ソーシャルメディアユーザーの目的は情報収集と交流。だから、ものは売れない。

    濃い情報発信と心のこもった活発な交流。

    ブログメルマガ自社サイトでは売り込めば売り込むほどものは売れるが、FacebookTwitterでは売れない。

    ソーシャルメディアで最も重要な情報は、共感。

    ソーシャルメディアに書く目的は「信頼」を得ること。

    「共通言語」+「オリジナリティ」=最強。

    ソーシャルメディアに書くときの文章は、短く、シンプルでわかりやすく、短い時間で読めて、それでいて内容がしっかりしているものが好まれる。

全31件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

精神科医

「2018年 『人生うまくいく人の感情リセット術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

SNSの超プロが教える ソーシャルメディア文章術のその他の作品

樺沢紫苑の作品

SNSの超プロが教える ソーシャルメディア文章術を本棚に登録しているひと

ツイートする