• サンマーク出版
3.83
  • (26)
  • (34)
  • (29)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 296
感想 : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763132185

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一人さん流、器の考え方、器を大きくする生き方。

    『どんなことがあっても自分の気の持ち方上向きにして、自分の機嫌を自分でとり、いつも上気元でいる』

  • <目次>
    第一章 “器”を大きくすることが人生の目的
    第二章 一人さんに学んだ、“器”を育てる法
    第三章 器を大きくするための修行の日々
    第四章 誰でも“器”を大きくできる
    最後に

    <メモ>
    誰かを受け止めるだけの器を、一生かけて大きくしていくのが人生なんです。(57)

    必要ないことを「必要ない」と言えるのが器量(110)
    「“器”ってなんですか?」ってことなんだけど、私が考えているのは、我を外した、人間的な正しい考え方を“器”って言うんじゃないかと思うんです。

    自分の機嫌は自分でとる(115)
    根底で自分の機嫌を自分でとれないと、器量なんて大きくなりようがないんだよね。

    まずは“我”をなくすこと(121)
    仕事や商売では、正しいかどうかは自分が決めることではなく、お客さんが決めることなんです。

    天国言葉
    愛してます
    ついてる
    うれしい
    楽しい
    感謝してます
    しあわせ
    ありがとう
    ゆるします

    “上気元”とは人生の極意(137)
    「成功の極意とはなんですか?」って聴かれたら、「上気元」であることなんです。


    2012.06.25、朝活読書会で紹介される。
    2013.01.19 ようやく借りれる
    2013.01.25 読書開始
    2013.01.28 読了

  • 器を大きくするにはよく学び、行動して、そしてまた学んで行動するということを繰り返すこと。たのしみながあたりまえのことを当たり前のように歯磨きするようにすることが大切です。

  • とにかく斎藤一人さんの
    人の器の大きさの大切さについて
    柴村恵美子さんを通して、
    語りかけてくれてるような内容

  • 啓発本。当たり前のことが書いてるのだが、それを実践に移すのが。。。

    「私が○○○、私は○○○」とまず我を出すのではなく、人を愛せる・人を許せるキャパを広げる。
    運動会の玉転がしの競技で玉が見つからない→玉を見つける努力はする→見つからない→本来の目的は?→運動会を盛り上げる→なら玉に変わるもので競技したり、他の競技で盛り上げたり。=玉を探し続けない、ずっと同じことをするのではなくやり方を変える、運動会を盛り上げる、という本来の目的をあきらめない。一生懸命やってみて、それでもうまくいかないときは、それは本当に必要なのか、それがないと目的は達成できないのかを考える。そうしたときに、本当に大切なことが見えてくる。
    常に上気元、であると決意する。

  • 明日から変えてみようと思った

  • サラサラと。運動会を楽しくすることをあきらめない、という話が印象的でした。困ったこと、行き止まりすら、やり方を変えなさいという合図だと、当たり前のようにサラリと解釈できる境地。簡単なようで難しいのか、簡単なのにわざわざ普段から難しく考えすぎているのか。穏やかな文章で読みやすかったです。

  •  著者は、「“器”を大きくするために、一番大切なことは、“相手に”花を持たせる”ということ」だと述べています。
     自分だけが花を咲かそうとするのではなく、相手や周りの人の花も咲かせようとすることが、自分自身の“器”を大きくすることにもつながるということです。

     詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=2060

  • 器を育てるには、限界に挑戦しないと大きくはならない。
    幸せは自分の意思で決まるもの。
    究極の目的は、いつも上気元であること。

    器量とは、本当に必要のないことを、必要ないって言えること。
    誰かに幸せにしてもらいたいとか、誰かに機嫌をとってもらおうとすること自体が自分の器量を小さくし、
    逆に、誰かを幸せにしようとしたときに、その人の器量が増える。
    幸せにしたい人が増えれば増えるほど、その人の器量は大きくなる。

    器を大きくすることは『よく学び』『行動する』こと。ぶつかり、うまくいかないとまた学び、あちこちぶつかっていくうちに、なんとなく正しいことが見えてくる。

  • 初期の頃の話

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

実業家・「銀座まるかん」(日本漢方研究所)の創設者。
1993年以来、毎年、全国高額納税者番付(総合)10位以内にただひとり連続ランクインし、2003年には累計納税額で日本一になる。土地売却や株式公開などによる高額納税者が多いなか、納税額はすべて事業所得によるものという異色の存在として注目される。
著書に『斎藤一人 一人道』『斎藤一人 神的 まぁいいか』『斎藤一人 絶対、なんとかなる!』『斎藤一人 俺の人生』『普通はつらいよ』(以上、マキノ出版)などがある。

「2022年 『斎藤一人 炎の浄化』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斎藤一人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
ロンダ・バーン
落合博満
デールカーネギ...
スティーブ・シー...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×