飯野さんって、どうしてそんなに運がいいんですか?

著者 :
  • サンマーク出版
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763132543

作品紹介・あらすじ

35歳で初めて就職、2度の離婚、シングルマザー、仕事と子育ての両立…さまざまな苦難を乗り越え、70歳を迎える今も現役で活躍する"広告界のビッグママ"の人生哲学。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とても読みやすい本でした。
    ★「気づく」→「信じる」→「感謝する」
    気づく心がないと、感謝は生まれない。
    感謝できない人は、気づけない人なんだ。。
    ★「人づきあい」の前に「自分づきあい」
    まずは、自分自身を見つめること、うまく折り合いをつけて生活すること。自分に気遣ってあげること。。ほんとに大切
    ★相手とのいい関係は「先だしじゃんけん」
    自分からまずは、アクションを起こすこと。
    ★仕事ができる人は電話も決断も早い
    時間が取れないというのは工夫や努力をしていないだけ。
    ★毎日が自分にとって「特別な日」
    毎日を特別に生きるあなた自身を大切に丁寧に扱う。
    誰にとっても特別な日になる。
    ★苦労や失敗や涙だって、人生をおいしくするのに必要な味付けです。
    だから、人生は面白く、味わい深いものになるのでしょう。

  • 寝起きの30分は横になる、いい日も悪い日も一日の出来事に感謝する次へつなぐために必ず物事を「落ち着ける」
    2回の離婚、広告業のキャリアウーマン。幼いころにポリオにかかったそう。オープンマインドの著者に勇気づけられる。これだけ自分を貫き、超のつく多忙であり、二度の離婚をしながらも、娘との関係が良好である秘訣が知りたいと思った。

全3件中 1 - 3件を表示

飯野さんって、どうしてそんなに運がいいんですか?のその他の作品

飯野晴子の作品

ツイートする