これまでしたことのない話

  • サンマーク出版
4.21
  • (7)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763132857

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人は皆内神という神様がいて、内神を信じること、つまり自分を信じることで人生がうまくいく。
    自分の中に神様がいて常に見られてるなら、かっこつけるな、みっともないことをするな、ありのままに生きてほしいということ。
    内神は大霊(天之御中主)の分魂であり、大霊とは愛と光である。成功するためには「わたしは愛と光と忍耐です」と声に出して言う。最初は思えなくても言い続けていくうちに自信がついて正しい行動ができるようになる。
    私も半信半疑ながらも100回言ったら、すごく穏やかな気持ちになれました。毎日暗示したい言葉です。
    願いは外神に願うだけでは叶わず、愛と光で行動することにより叶う。
    また、願い事は叶った状態で言うといいそうです。
    とにかくすぐにでも実践するべきことを教えていただいて、とても前向きなれました。

  • 人は思ったことが実現するようにできているが、それには必須条件があって「実行」しなくてはならない。一歩踏み出さねばならないほど思いを強くしろということ。「実行」しつつ願いがかなった時の気持ちになること。

全3件中 1 - 3件を表示

これまでしたことのない話のその他の作品

斎藤一人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
斎藤 一人
斎藤一人
斎藤一人
斎藤一人
斎藤 一人
ジェームズ アレ...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

これまでしたことのない話を本棚に登録しているひと

ツイートする