「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方

著者 :
  • サンマーク出版
3.74
  • (27)
  • (78)
  • (48)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 608
レビュー : 72
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763133021

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • リーダーシップの取り方だったり、人を動かす方法だったりと人の上に立つ心構え的な本はよく見るが、部下の在り方についての本は珍しい。
    結局は上司も人間。必要以上に距離を置いたり、嫌ったりしても意味はない。その中でも上司が求めている事を察しようと観察し、努力する必要がある。そうする事で自分も人の上に立つ器になれる、という事なのだろう。
    上司は人となりをしっかり見ている、上司によって求める報連相は違う、上司が言わないことは部下が聞かないといけない、事実と判断は分けて伝える、ひどい上司は反面教師として学ぶ。

  • 様々なフィールドで活躍された著者の上司として、あるいは部下であったころの目線から書かれています。

    自分は良い上司に巡り会えたと思っています。ただどうやって期待に応えればいいのかがサッパリ分かりませんでした。今も正直手探りです。
    ただ上司も普通の人間だということ、余程のおかしな人じゃない限りごく普通に接していればいいんだと思えただけでスッキリしました。

    「上司」という人間について、これからはもう少し意識的に観察していこうと思います。

  • (忙しそうにしている人の共通点とは?)……「働き」になっていなくて「動き」のままになっているのではないかと思うのです。例えば、牛が歩いているのは、動きです。しかし、牛が何かをモノを引っ張たら、これは働きになります。「忙しい」「忙しい」を連発している人をよくよく見ていると、動いて走り回っているようにしか思えないのです。労働時間の長い人、ダラダラ残業をする人。
    (自分なりのモチベーションエンジンとは?)……なぜ、この仕事をする必要があるのか。何のために仕事をするのか。会社のミッションが理解できていれば、自然に仕事へのモチベーションも上がると思います。例)自分なりに目標を置き換えることにしたのです。日産自動車で働くということから、自動車販売で社長賞を取る、ということに。
    (人に会う事も大切な勉強とは?)……仕事のスキルを高める集まり、自分のモチベーションを高める集まり、身体を動かす集まり、同じ仕事をしている人たちとの情報共有の集まり……。目的を意識しておくと、そのときどきのニーズによって、相手をしっかり選ぶことができます、そうすることで確実に、目的にちかづくことができる。

  • 岩田さんの部下を経験談を交えたビジネス書。

    社会人一年目に読んでおいてよかったと思える本。

    51もあるので、響くもの響かないものもあったが、数年後に読み直すと響き方が変わってきそうな気がする。
    今は、恵まれた職場で頑張れているが、転職などで居心地が悪い時に読み直すと勇気が貰えそう!

    今回読んで、1番印象に残ったのは、「頑張っていることは、どこかで誰かがちゃんと見ていること」。

  • 上司をマーケティングすることも大事だと思った。

  • 上司と1on1する前に急いで読んだ。
    読みやすいし次の日すぐ実践できたので星5

    ○上司の価値観・当たり前に合わせる
    →報連相の評価は受け取り手がする。上司によって好みがあるのであらかじめ知っておくこと

    事実現在の上司は報告不足により部下の状況把握ができないことを知れたので、率先して動くことができている。上司をマーケしろと記載されてることには納得せざるを得ない。


    ○上司が言わないことは、部下が聞かないといけない
    →ディレクションに曖昧さがあるときは部下が聞く

    上司になにをしてほしいかも、も明確にいうと案外上司は喜ぶ


    他にも、仮説を持つ/進言は人を選ぶ/部下はよく学べ、、など行動ベースですぐできることが書いてある。
    今となっては社長だが、それまではずっと部下をしていた岩田さん。社長視点で、また周囲の管理職を見た上で、こいつに任せたいと思う部下はこういう人だ、と考えるそのエッセンスが詰まった本。

  • 当たり前のことだが、分かりやすく書かれている。

    目次と太字だけでもさっと読めるので、つい義憤から鼻息荒くなりがちな人(私のような)がハッと謙虚さを思い出すのに向いていると思う。

    義憤とは私憤とは違うと本書にありました。
    会社で私憤を撒き散らさないように気をつけよう。

  • この本を読んでみて、3つのことが特に印象に残った。
    1つめは、上司がどんな「報連相」を求めているのか、上司のニーズのマーケティングが重要であると言うこと。
    いつも自分が「報連相」を行う時は、伝えなければという思いが先走り、上司がとりわけどんな報告を求めているか等ということは考えていなかった。
    これを機会に常日頃から上司が求めている「報連相」はどのようなものか、観察していきたいし、自分が行うときは今一度立ち止まって今日学んだことを思い出したい。
    2つめは、悪い話をするときは「事実」と「判断」を分けて伝えなければならず、かつ、まずは「事実」から伝えることが重要であるということ。
    私はいつも悪いことを報告するときは、言い訳がましくなってしまい、判断と事実がごちゃまぜ、むしろ判断ばかりを述べていたような気がする。しかし、大切なのは何が起こったのか、また解決するためにはどうすれば良いのかということだろう。今後はこの事を肝に命じていきたい。
    最後に印象に残ったことは、結果が出なかったが良く頑張ったということは、上司が言うべき台詞で、本人はあくまでも結果にこだわらなければならない、必死になって頑張らないといけないということである。
    よく、残業や休日出勤をしたが、仕事の完成度がイマイチだったために上司にダメ出しをされることがある。
    その際私は「こんなに頑張ったのになんなんだ!」とよく思うのだが、それ事態が間違いなだったことに気づかされた。
    プロセスを見るのは上司、それを自分で主張してはいけない。頑張ったと評価するのも上司で、自分で自分を評価すべきではないというフレーズは、私の心に強く響いた。自分はあくまでも結果にこだわり、上手い結果がでなければ、「申し訳ありませんてした」と素直に謝らなければならないというのは、これからも仕事をしていく上で本当に大切な意識だなと強く感じた。

  • ?信頼しても報連相をお願いするのは、部下を疑っているからではなく、上司としてサポートで きる場面が必ずあるから。
     最初の内はこまめに報連相をする。信頼を勝ち得たらあとは自由に自分の思い通りにすること ができる

    ?上司の小言をうるさがってはいけない
    ・小言には意味がある。しして結果的に自分も組織も会社もよくなるのであれば、決して悪いこ とではない。

    ?上司は人となりをしっかり見ている
    ・もちろん仕事ができるということは、大事なことです。しかし、それ以上に大事なことは
     人間としてちゃんとしていること。性格がよくて、人間性が優れていること。

    ?まずは過剰サービスから始めなさい
    ・足りないものを指摘されて加えていくのではなく、過剰なものを削っていく。
     上司が求める報連相を達成する方法

    ?悪い話の時、事実と判断は分けて伝える
    ・大事なことは罪を似君sで人を憎まず。起きてしまった悪い話は、悪いことだから憎む
     しかし、それを引き起こした人を憎んではいけない。

    ?仕事の本質を理解しておくと報連相も間違えない。
    ・問われるべきは、本質的な仕事として付加価値をつけられているのかということ
     火花が散る瞬間はいつかをいつも意識しろ

    ?自慢ではなく、さりげなくアピールする力を身につける
    ・自分を大きく見せようと思ったり、自慢話をしようとしたりせず、事実を淡々と
     話すことで、相手にも嫌味なく伝わるのだろうと思っています。

    ?やたらめったら忙しそうにしている人の共通点
    ・そもそも忙しい忙しいを連発している部下は、無駄なことをくるくるやっているような気が してならない。

    ?相手の立場にどのくらいたてているのか意識する
    ・顧客とはファーストコールを受ける関係を目指す。

    ?上司は最初の面談で部下に仮説を立てている
    ・上司と部下との最初の個人面談は、上司にとって部下を知る場であるだけでなく、自分をわ かってもらう場でもある。

    ?自分なりのモチベーションエンジンを創る
    ・モチベーションエンジンが見えなくなったときには、それを見つける必要がある。

    ?結果にこだわるべきだが、成功体験にはこだわってはいけない
    ・プロセスを見るのは、上司の役割。それを自分から主張してはいけない。
     頑張ったと評価するのも上司、自分で自分を評価すべきではない。

    ?合わない上司は敬して遠ざける
    ・無理をして合わせない、我慢する。

    ?勉強は若いうちから始めなさい
    ・目の前の仕事に必要なものを読めばいい
    ・すぐに仕事の参考にできるからモチベーションも高まるし、市具に実際に試せる。

    ?勉強を習慣化してしまう工夫をこらす
    ・何かを習慣化し、自分の生活リズムの中に取り込んでしまうことは、きわめて有効なこと。
    ・習慣が人を創るとはよく言われます。

    ?利益を追求するのは悪という勘違いをやめる
    ・利益は会社の目的ではなく、世の中をよくする手段である。
    ・商品ではなく企業の理念を買う時代がやってくる

    ?明日は今日よりもいい自分になる
    ・できるだけ私利私欲で行動しない。
    ・世の中や誰かのために頑張る
    ・それが結果的に多くの人を結びつける結果になったり動かしたりすることにつながる。

  • ・何かを知りたいときは社内のしかるべき人を見つけて、話しを聞きに行っていた
    ・高めるべきは「人間性」
    ・上司によって報・連・相に求めるものが違う
    ・「事実」と「判断」を分ける
    ・現場の感覚は、若いうちに苦労してでも知っておくべき
    ・常に「事実」を積み上げる
    ・ダラダラ残業する人は仕事のできない人
    ・メールのタイトルに一番伝えなくてはいけないことが書かれている
    ・やはり何でも、絶対的なボリュームを超えることが重要
    ・スマートフォンをいじっている時間があるなら、たとえ数分だけでも本を読む
    ・何かを習慣化し、自分の生活リズムの中に取り込んでしまうことは極めて有効なこと
    ・人は「自分探し」の旅を一生続けるものだと思っています
    ・人に会うときには準備をする
    ・ミッション実現のために企業は存在している
    ・商品ではなく理念を買う
    ・世の中をよくするためのビジネス
    ・人は努力する限り迷うもの
    ・人間は死ぬ瞬間まで自分の人間性を高める努力をするべき存在

全72件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

(編集中)

「2021年 『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩田松雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デールカーネギ...
稲盛和夫
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方を本棚に登録しているひと

ツイートする
×