いますぐ妻を社長にしなさい

著者 : 坂下仁
  • サンマーク出版 (2014年2月19日発売)
3.23
  • (21)
  • (28)
  • (44)
  • (20)
  • (11)
  • 本棚登録 :444
  • レビュー :48
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763133601

作品紹介・あらすじ

破産寸前の貧乏夫婦に5年で資産数億円をもたらした「プライベートカンパニー」とは?借金地獄のどん底で気がついた、サラリーマンが裕福になる方法。

いますぐ妻を社長にしなさいの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • メガバンクに勤める著者が、金融知識を駆使し株式投資をした結果、莫大な借金を抱えてしまったが、妻を社長としたプライベートカンパニーをつくり、不動産業と節税で5年間で借金を返済するどころか数億円の資産と何千万円の収入を得るようになったという経験に基づいたお金に関する啓発本。

    日本人の働き手の多くを占めるサラリーマンは、収入を増やそうと思っても4つの壁がある。それは、稼げば稼ぐだけ課される累進課税という『税制の壁』、努力しても大きな昇給を望めない『給与体系の壁』、副業を禁止する『就業規則の壁』、国内では転職すればするほど給与が下がる『転職市場の壁』のことで、どんなに頑張っても、この壁によって簡単には収入を増やすことができない。

    そこで、その4つの壁がない『主婦』である妻を社長としたプライベートカンパニー(法人)をつくれば、税制面で優遇されるうえに、細やかな気配りやコミュニケーション能力、エコマインド、忍耐力、包容力、情報収集力などの『主婦力』という最強のビジネススキルを生かし、収入を増やし、夫もアドバイザーとなり妻と共通のことを勉強していくことで、夫婦仲もよくなるという幸せのシナリオができあがる。

    ちなみに、税制の有利さを簡単に説明すると、年収500万円の夫が副収入として500万円を稼いだとすると、個人で1000万円の収入となり、税率は33%の330万円。妻は無収入とすれば収入0円、税額も0円。世帯としての税額は330万円となる。一方、夫が収入500万円であれば税率は20%で100万円、副収入500万円を妻の収入とすれば、同じく税率20%で税額は100万円。世帯としての税額は200万円となり、その差は1000万円の収入で130万円となってしまう。

    なぜ税率が違うのかという、お金持ちからは税金を多くとろうという累進課税が適用されるため。さらに、妻の収入を法人の収入とすれば、税制で優遇されるため、さらなる節税が見込まれる。

    税制は社会情勢や市場の動向でよく変わる制度なので、時期によって確認する必要もあるが、個人より法人のほうが優遇されることは変わらないと思われる。

    税金を多く払うことは、決して悪いことではないけど、うまく節税することで、世帯としての収入が増えて生活にも心にもゆとりや余裕が生まれるのであれば、ルールに則った節税は、多くの税金を支払うことよりも価値があることだと思う。今後は個人事業から法人への転換を本気で考えていこうと思った。

  • ブログをこちらに書きましたので、宜しければお読みください。

    http://sommelierofbooks.com/business_economy/tsumashacho/

    銀行員なのに投資に失敗し、
    借金まみれになった著者が
     
    借金返済 ⇒ 余裕資産を作る
     
    ことができた方法を綴った本。
     
    サラリーマンであるあなたにも
    参考になることはありますよ!

  • あまり目新しい情報がなく残念。
    このタイトルから本を買おうと思いつくような人にはわかりきってることではないかと。

  • 【No.71】「自分の器以上に稼ぐことができないのも、まさにお金本来の特徴。万が一、自分の器以上の大金が転がり込んできたとしても、それは一時の偶然であって、長続きすることはない。いずれ器からこぼれ落ちて、分相応のレベルまで減ってしまう」「副業を禁止している会社=同業他社への情報漏えい防止とか、長時間労働による労働品質低下を防止するため」「投資=他人の役に立つことにお金を使うこと。消費=自分のためにお金を使うこと。浪費=誰の役にも立たないことにお金を使うこと」

  • サラリーマン自身は副業なんて認められなかったりするので、奥さんを社長にして起業することにより、個人事業主の特権を利用することができるということがわかりやすく書いてあります。
    私の場合は非正規社員兼個人事業主なので、何とでもなるのですが、共働きでないと子どもも作れないようなこの国の現状では、夫婦の一方が堅実な収入を得て、他方が個人事業主になるという形が理想的なのかもしれません。

    レベル:235

    数値的には、そんなにうまくは行かないってことかもしれません・・・。

  • 法人の経費から先に落とせるっていうのは、普段全く考えない概念だった。

  • お金の本質は「感謝の気持ち」であると著者は強調している。

  • 目から鱗の実用本…だが、良くも悪くもどちらかというとマインド本。しかし文体も綺麗でとても楽しく読める。次作が個人的には良作だった。

  • うすい。ホントにうすい。買う価値なし。おいらは図書館で借りた。

    サラリーマンの人生に縛られるな、というメッセージは、いいこといってるな、と。

  • 読むべし!

全48件中 1 - 10件を表示

いますぐ妻を社長にしなさいのその他の作品

坂下仁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・ギレボー
ロバート キヨサ...
佐々木 圭一
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

いますぐ妻を社長にしなさいを本棚に登録しているひと

ツイートする