夢をかなえる英語はディズニー映画が教えてくれた

著者 :
  • サンマーク出版
3.81
  • (4)
  • (6)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 103
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763133663

作品紹介・あらすじ

英語学習に最適なディズニー映画、その7つの価値。帰国子女でもなく、留学経験もなし。「英語力ゼロ」から同時通訳になった著者が明かす、楽しく無理なく英語を学ぶ方法。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • If you keep on believing, the dream that you wish will come true.

    ディズニー映画にはsimpleだけど、上記のような素敵な表現がたくさんあることがわかった。また、英語を学ぶだけでなく、文化を学ぶ(アラジンで中東)のにも良いことがわかった。

  • この本の著者は同時通訳の経験を持ち、それを活かして東京ディズニーシーでの仕事を手に入れました。
    しかし、彼女は留学経験もなければ、帰国子女でもありません。
    それでは一体彼女はどうやってそこまで英語を使いこなせるようになったのでしょう。


    その答えは「ディズニー映画」です。


    この本では白雪姫をきっかけに、有名なディズニー映画を全て英語で鑑賞するうちに英語が上達したと話す著者の過去、勉強を視野に入れた上でのディズニー映画鑑賞法、さらには数々の映画の中でも特にきらめく表現をピックアップして紹介しています。

    心に響く言葉だけではなく、実生活で役に立ちそうな表現もたくさん取り上げられています。


    読み終わるとディズニー映画を観たくなること間違いなしです。


    英語を上達させたい人はもちろん、ディズニー映画に興味のある人にはぜひおすすめしたい一冊です。

    楽しみながら英語のスキルを磨きませんか?



    大学図書館本館1階 特集本棚
    837.8 Id


    ちゃーはん

    • tokudaidokusho2さん
      ディズニー映画を観て英語力が向上したという点に興味を抱きました。私のような英語が苦手な人でも好きなことに打ち込み、それが英語を使うものである...
      ディズニー映画を観て英語力が向上したという点に興味を抱きました。私のような英語が苦手な人でも好きなことに打ち込み、それが英語を使うものであるならば上達具合も早いのでしょうか。とても気になります。

      あきくけこ
      2018/05/16
    • tokudaidokusho2さん
      英語を無理矢理勉強するよりも、自分の興味のあることで学んで行く方が上達も早いでしょうね。自分はディズニーにあまり興味はありませんが、気が向い...
      英語を無理矢理勉強するよりも、自分の興味のあることで学んで行く方が上達も早いでしょうね。自分はディズニーにあまり興味はありませんが、気が向いたらいつか読みたいと思います。

      マッケン
      2018/05/30
  • 読みやすく、参考にできる点が多く書かれているので、ディズニー好きの人は引き込まれるように読め、やる気が起きます!!エッセイとして読むのもおすすめです。
    (まこ)

  • 英語学習を、どうにか楽しんでできないものか、
    と探していたところ、出会った本です。

    帰国子女でもなく、留学経験もないのに
    同時通訳をしていた経験もある著者。

    その英語学習に役だったのが
    ディズニー映画ということで、
    私でも、楽しんでやればできるかも?という
    希望がもてる内容でした。

    興味のない会話文を読んだり聞いたりして勉強するのが
    楽しくなくなった方にもおすすめ。

    映画や海外ドラマで勉強している方もいるとは思いますが
    なぜ、ディズニー映画なのかが本書で理解できます。

    特に昔の作品がおすすめ、という理由も書かれています。

    実際にどのように学習を進めていくのか参考になりました。
    日常生活で使える、例文も載っています。

    どの言語もそうですが、ひとつの会話でも
    その場のTPOに合わせて使いわけないと、
    気まづいことになることがあると思います。

    同時通訳者ならではの、語学を学ぶために必要な
    繊細なことについても知ることが、できた良かったです。

  • 著者は帰国子女でもなく、留学経験もないのに、同時通訳者までになった人。英語は勉強じゃなくて楽しく訓練で身につけること。楽しく品のあるシンプルな表現を学ぶのにディズニー映画が最適な理由が書かれている。毎日続く英語学習法だと思った。やってみる。

  • 字幕を英語にする
    字幕を読む(スラッシュリーディング)
    知ってる言葉は一時停止してみる
    口に出す
    今日の言葉を見つける

    実践してみよう!

  • 就職活動を終え、内定先から海外勤務への期待値を伝えられ、本格的に英会話を身につける必要性を感じています。

    中学から数えて10年間、英語教育を受けてきましたが、10歳のネイティブスピーカーとは程遠い、自分の英語力に落胆するばかりです。
    私の英語力は小学生以下である。

    だから、ネイティブの子供向けに制作されているディズニーアニメーションが教材としてちょうど良い。
    このように、本書ではディズニーアニメーション映画がいかに英語学習に効果的であるか、が述べられています。


    ディズニーアニメを用いた学習法は、他の英語学習法教材で紹介されているものとほぼ同様。
    では、本書の優位性は何か。
    それは著者が本当にディズニー作品を愛しており、特にウォルト・ディズニーがまだ存命だった頃の作品を進めている点に、私のようなディズニーが好きで、英語を学びたいと思わせる内容に仕上がっていることである。

    つまり、自分が興味関心があって、シンプルかつ誰に対して用いても相応しい表現をしているコンテンツさえあれば、ディズニーでなくてもかまわないのである。

    幸い、私はディズニー作品が好きである。
    奇しくも本書を読了した今日は、FROZEN(邦題:アナと雪の女王)のMovieNEXの発売日である。
    早速、英語学習をリスタートすることにしよう。

  • 請求記号:837.8/Iid
    資料ID:50075870
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • ○プロの同時通訳者で経営者の飯田氏の著作。
    ○ディズニー映画によって英語をマスターした著者の経験や、英語学習法について著した書。
    ○身近なディズニー映画が、大人でも楽しめると言うことに意外性を感じたが、読んでいると、ぜひ映画を再度見直してみたいと思った。

  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー「ブックサロン」で登場。

    ゲストの飯田百合子さんの著書である『夢をかなえる英語はディズニー映画が教えてくれた』

    ホームステイ経験や留学景観が長かったわけではない、飯田さん。
    「むしろどちらかというと英語に興味があまりなかった学生時代でしたね。」(飯田百合子さん)
    そんな飯田さんが、どのようにして同時通訳や東京ディズニーシーの立ち上げに関わることになったのかを綴った一冊。


    原宿ブックカフェ公式サイト
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html
    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/

全11件中 1 - 10件を表示

夢をかなえる英語はディズニー映画が教えてくれたのその他の作品

飯田百合子の作品

ツイートする