京セラフィロソフィ

著者 : 稲盛和夫
  • サンマーク出版 (2014年6月4日発売)
4.09
  • (43)
  • (37)
  • (24)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :526
  • レビュー :44
  • Amazon.co.jp ・本 (608ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763133717

京セラフィロソフィの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 稲盛一夫が、サラリーマンしてどのように社会の役にたつか、をかいた本。
    考え方、能力、熱意という考えをベースに、どう働いていけばいいか、を書いてある。
    車座、因果応報、責任感をもたせよ、など働き方に留まらずにどう生きるか、ということにも言及してある。
    なぜ、そこまで働き方から生き方まで一貫した信念があるのか、それは仏教が根底にあるから。
    たとえば因果応報など、その影響が強く見られる。(時代?)
    すごいと思ったのは、団体交渉にも柔軟に対応したこと。逆に言えば、わたしが持つ繋がる力が彼も動かせるのか、と感じた。
    仏教に裏打ちされた信念を学べる。



    1.考え方×能力×熱意
    2.仏教の影響
    3.技術の挑戦→社員の幸せを追及すると同時に人類に寄与すること。きっかけは高卒社員の団体交渉。
    4.シルバーバーチと仏教、長いスパンでの因果応報、心の投影
    5.アメーバ経営、事業別よりもさらに細かく。
    6.お互いを知り合うには車座での酒、社員旅行。
    7.自ら燃えない人には責任感と使命感を持たせること。

  • 親から借り読破。

    悪くない一冊だが、衝撃的なくらい冗長な一冊。
    とにかく長く、同じ話、同じエピソードが
    これでもかと言うくらいに繰り返される。
    600ページも不要。もっとコンパクトにして欲しかった。

    各項の最初の枠内の文章だけ読んでいくのがベターかもしれない。

    第1章で「宇宙の意志」なるものが出てきたときに、
    この本大丈夫かなと不安になったが、
    述べられていることは至極まっとうな内容であった。
    ただし冗長。
    正直、第1章はさらっと読み飛ばし、
    第2章以降をじっくり読むべきと感じた。
    第2章以降は、仕事に直結する内容で、大変参考になる。

  • はるか昔、大学を卒業したあと友人の男の子が京セラに技術者として採用され、
    たまたま集まったときに
    「うちの会社こーんなのあるんだよ」
    と見せてくれたのが、生徒手帳のような「京セラフィロソフィ」でした。
    「社員はみんな家族と思え」
    という内容に、
    「なにこれ〜校則みたい〜〜」とみんなで爆笑しました。

    その後京セラはぐんぐん大きく成長しちゃいましたね。
    あらためて読み返すと、その言葉の重さにびっくりします。
    ほんとうに企業経営には「フィロソフィ=哲学」が欠かせないものなんだなあ、と実感しました。

    真面目にやっている者を笑ってはいけません!

  • ・自分にとって耳の痛い言葉こそ、本当は自分を伸ばしてくれるものであると受け止める謙虚な姿勢が必要。

    ・人格とは、仕事に打ち込むことによって身についていく。

    ・一つの物事を究めれば万般に通じていく。

    ・「土俵の真ん中で相撲をとる」=「余裕のあるときに、全力でことに当たる」

    ・話を聞く時は、すべての意識を集中させなければならない

    ・構想を練る時は楽観的に、
     計画を練る時は悲観的に、
     実行する時は、楽観的に取り組む。

    ・有言実行とは、言葉を実行のエネルギーに変換する
     という作業。

    ・人格は変化する。

    ・立派な人格を維持するために、謙虚で、反省のある
     毎日を送る。

    ・「心の手入れ」を怠らない。

    ・透明性の高い経営を進めることができ、従業員みなが、経営者マインドを持つことができた。

  • 稲盛和夫さんのまじめな人柄がよくわかる。
    慎重に、かつ、シンプルに物事をとらえ、核心を突いた経営を理想とする。

  • JALフィロソフィに触れる機会があり、ぜひオリジナルを読んでみたいと思って購入しました。

    仕事で不平不満を言いそうになったら、
    いや、毎日でも読み返したいくらい素晴らしい本です。

    特に、稲盛さんの人生・仕事=考え方×情熱×能力のベースとなった、「袁了凡」の話が気になったので、ネットで検索しました。
    人生観が変わるくらい、目からウロコです。
    私も日々、善行に励もうと思います。

  • 稲盛和夫さんが京セラをどのようにして大きくして行ったのか。それについて、心構えをどのように持つのかについて書かれています。社内で共有されている「京セラフィロソフィ」について、一つ一つその内容を紐解かれています。どのような経緯で、この言葉がフィロソフィに上がっているのか。非常に分かりやすい解説で、読みやすかったです。特に経営という観点から腑に落ちやすく、自身に取り入れることもできるものも多くあり為になります。

  • 一言で言うと「全力で考えろ!」

    己の人生を!
    仕事を!!
    そして会社を!!!

    著者の人生と経験から、その思考のとっかかりになる事をまとめたのが本書である。

    何を考えているかが人生を作る。
    本書は経営者向けの側面もあるのだが、社会人として、人として生きていく為の思考の出発点をこの本から学ぶのだ。

  • いい本に出会いました。京セラ名誉会長の稲森和夫氏の「京セラ・フィロソフィ(=哲学)」です。

    この本の内容を端的に紹介すると、稲盛さんが京セラを「京都一・日本一・世界一の企業」にするにはどうしたらいいのか、苦悶と熟考のうえ結論を出した哲学である。

    1959年の創業時、資本金300万円、従業員28名で始めた会社を当時、経営の経験のなかった稲盛さんが「どうしたら、正しい判断をし、会社を発展させることができるのだろう」と悩んだ末にたどり着いたのか「人間として何が正しいのか」を貫くことだった。

    だれもが、子供のころ学校の先生から教えられるプリミティブ(=原始的な)な倫理観、「欲張るな」「騙してはいけない」「うそを言うな」「正直であれ」という普遍的な倫理観に基づいて、すべてのことを判断することにした。

    それを稲盛さん風に経営哲学として、まとめたのが「京セラ・フィロソフィ」である。

    まず、「経営者はそのもの自身、立派な考え方を持っていないといけない。そうでないと決して人をひきつけることはできない。したがって、立派な経営をするにあたっては、私自身(稲盛さん)の考え方・人生観・哲学というものをみがいていかないといけないのではないか」と結論付けた。

    しかし、本来自由である思想・考え方というものを、「われわれはこういう考え方をしよう」といったものだから、従業員からは、当初たいへん反発を受けたとのことだ。特に大卒のインテリは。

    稲盛さんは、大変悩んだ挙句「京セラ・フィロソフィ」に同調できない人に対しては「ほかの会社に行ってもらっても結構」というしかなかったそうだ。

    そこで、この哲学の内容を2、3紹介しておく。
    「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」という方程式であるとのことだ。

    つまり、いくら能力が優れていたって、熱意が低かったり、ネガティブな考え方を持っていると、結果は低くなるどころか、マイナスになるとのこと。

    稲盛さんは、自身の経営塾である「盛和塾」でこういうそうだ。「誰にも負けない努力をしなさい。本当に「誰にも負けない努力をしなさい」」

    つまり、人が寝ているときも、起きて頑張れということだ。

    これは「モーレツ!だ、ブラックだ!」と言われるかもしれないが、ここまでやらないと部下はついてこないし、仕事の本質はわからない。つまり経営のことが分からない、というのだ。

    この京セラ・フィロソフィ手帳は京セラの社員が全員携帯しているものだが、あまりにも評判がいいので、加筆して書籍化することになったのだ。そう、この本を読んだ方は、稲盛さんに、近づけることができるのだ。

    最後に「京セラフィロソフィ手帳」では最初このようなことを掲げている。

    「経営理念で高らかにうたわれているように、京セラでは全従業員の物心両面にわたる幸福と人類社会の進歩発展に貢献することを経営の目的としています。」

    「私たちが目指す物心両面の幸福とは、経済的な安定や豊かさを求めていくとともに、仕事の場での自己実現を通して、生きがいや働きがいといった人間としての心の豊かさを求めていくものです」

    「また、私たちは、常に技術を磨き、次々にすばらしい製品を世に送り出していくことによって、科学技術の進歩に貢献するとともに会社として利益を上げ続け、多くの税金を納めることになどを通じて、公共の福祉の増進に貢献していくのです」

    「今後もこうした経営目的をはたしていくために、私たちは自らの力で、京セラをさらに発展させ続け、社員一人一人が安心して将来を託せる会社にしていかなければいけません。。。」

    とある。ここまでは京セラ・フィロソフィの総論である。では具体的にどのように経営上の問題にあたっていくかの各論は各自、本書を購入して掴んでほしい。私はこの本の購入を決定しました。

  • 門外不出の書‼️

全44件中 1 - 10件を表示

京セラフィロソフィのその他の作品

京セラフィロソフィ Kindle版 京セラフィロソフィ 稲盛和夫

稲盛和夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
ウォルター・アイ...
松下 幸之助
デール カーネギ...
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

京セラフィロソフィを本棚に登録しているひと

ツイートする