誰でもぴんぴん生きられる―健康のカギを握る「レジリエンス」とは何か?

著者 :
  • サンマーク出版
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763134059

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「人間の体は、放っておけばよくなるようにできている」<本当かっw?> 「気持ちが伴わない養生は、どんなにいい食事をし、運動を心がけても、効果は期待できない」<なるほど> 「病気を治すのは、医者でも薬でも治療法でもなく、それは患者自身(気持ちの強さ)」 新見正則 著「誰でもぴんぴん生きられる」、2014.10発行。「幸、不幸も気の持ちよう、病気を治すのも気の持ちよう」「病は気から」そのまま。大病でも治る人、名医にかかっても治らない人。病気のことは忘れること。そうは言っても、なかなか難しいですね!

  • P73まで読んだ。

  • ■2014.12 TV

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

帝京大学医学部外科准教授

「2019年 『フローチャートいたみ漢方薬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

誰でもぴんぴん生きられる―健康のカギを握る「レジリエンス」とは何か?のその他の作品

新見正則の作品

誰でもぴんぴん生きられる―健康のカギを握る「レジリエンス」とは何か?を本棚に登録しているひと

ツイートする