One World

著者 :
  • サンマーク出版
4.36
  • (34)
  • (28)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 228
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763134172

作品紹介・あらすじ

中高生からも人気の高い学習塾「聡明舎」での授業や、日本各地で連続講座「親学塾」を開催するなど、執筆活動だけにとどまらず活躍の幅を広げている喜多川泰さん。
待望の最新作は、短編小説のような9つのストーリーが人の「縁」によってつながっていく不思議な長編小説です。

少年野球、サービスマン、卒業式、バレンタイン、超能力、就活、日本、出稼ぎ、恋愛……。
異なるテーマの9つのストーリーに登場するのは、生きていれば誰もが直面するような悩みや悲しみ、迷いや不安といった、さまざまな思いを抱いている主人公たち。
彼らは、人との出会いを通して生きるヒントを学び、新たな自分へと成長を遂げていきます。各ストーリーに登場する人物が少しずつ重なり合いながら循環していく物語は、まさに私たちがいま生きているこの世界そのもの。生きる力が湧いてくる作品です!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 誰もが誰かの人生に影響を与えている。
    この世界はそうして成り立っている。
    そんなテーマに基づいた、連作短編集です。

    それでいて、それぞれの短編にもばっちりテーマがあって、最初は喜多川さんが短編だなんて意外だなと思ったんですが、読んでみたら長編並みに大きな物語でした。

    いつ読むかによっても心に残る箇所が違うかと思いますが、特に今回心に残ったのは「失恋」がテーマの章。
    「つまりね、『苦悩』こそが、今の私を作り上げたと言ってもいい程なんですよ」という老人の言葉で始まる、苦悩がなければ内省もなかったし、今の自分にたどり着かなかった、という言葉がすごくすっと胸に響きました。
    思い返せば実際のところ失恋に限らず、苦悩を乗り越えたら更なる苦悩があって、なんてこともありましたが、その度に苦しみつつも自分に何ができるのか、何がいけなかったのか振り返りつつ今の道に繋げてきたような気がします。
    苦悩なんてないに越したことはない、と思うけど、何の苦悩もなければ今の自分にはなれなかったのは確実で、そう思うと少し今の自分を認めてあげたい気持ちになります。

    それから、「自分が心から大切にしているものは、大好きになるんだ」って言葉も心に残っています。
    好きだから大切にする、ではなく、大切にするから好きになる。
    確かにそのとおりだよなぁと。人でもモノでも環境でも、大切にできる人でありたいし、そうして周りのものを好きでいられる人でありたい。

    本当に人は深く付き合いのある人に限らず、ちょっと話を聞いただけの人から強く影響を受けることもあるし、自分では大したことをしていないのにすごく感謝されたりすることもある。
    生きている限り誰にも影響を与えずにいられないなら、少しでもいい影響を与えられる人でありたいものですね。

    喜多川さんが書く本はいつも軸がしっかりとブレずにあるのに、毎回新しい発見があってはっとさせられます。
    また読み返したくなるし、誰かに贈りたくなるような1冊ですね。とてもいい本でした。

  • 言い訳なんていくらでもできる。その人の行動を見ればすべてわかる。耳が痛い事をマイルドに伝えてくれました。言い訳するのカッコ悪いな。行動で示していきたい。

  • いつも喜多川泰さんの本は読み終わると心が暖かくなり、明日こんな工夫をしてみようかな?とヒントがいっぱいです。本を好きになるキッカケをくれて更に本が好きになる。

    今回のOne Worldは、全部違うお話し。なのに気づかないうちに、誰かはどこかで周りの人に良い影響を及ぼしている事もあるんだよと、優しい気持ちになるお話でそっと教えてくれました。

    喜多川泰さんの本を私にプレゼントしてくれた人に恩返しがしたくOne Worldを発売前に予約して贈りました。
    彼は今辛い立場にあると聞きました。
    どうか、堪えて明るい明日のために「来たときよりも美しく。そんな人生を……」

    私は喜多川泰さんの本に出会って、
    本が愛おしくなりました。
    本を読む事で感じる事は、自分自身と対話しているのだと気づきました。
    人を待てるようになりました。
    優しい気持ちで待てるようになりました。
    人が喜ぶプレゼントを贈った経験がなかったのですが、最近プレゼントした方々から嬉しいとの言葉を頂戴しました。

    きっと喜多川泰さんの本はポジティブに、気張らず、気負わず、人をみて厳しく優しくなるのは大切な事で行動にしてごらん?と教えてもらえた気がします。

    なにか自分の中で感じていることは言葉に表してしまうと、薄れる気がして怖くて躊躇っていましたが、One Worldを読んで、あえて言葉に表すことで自分自身にプレッシャーをかけて常に意識していけるようにしたいと感じました。

    喜多川泰さんの本を読む前後で明らかに自分が変わっているかもしれません。おかしなくらい心が軽くて、パワーアップ。

    どんな時でも誰でも読める最適な内容です。

    オススメです!

  • 短編集かと思ったら、少しずつ繋がり合っていました。
    誰かの支えになったあの人もまた、過去には誰かに支えられて今があったりする。
    喜多川さんの作品は小説でありながらも示唆に富んでいて、いい意味で少し教科書っぽいところがあると感じる。
    「秘密結社ladybirdと僕の6日間」もそうだったけど、何か一生懸命生きようって気になる。

  • 登場人物たちが現在過去のささいな接点からそれぞれの人生に大きく影響を与えていく感じ。自分の人生も結構そういうものなんだと思う。

  • 【個別連鎖】
    小説です。

    電車でとなりに座っただけでも出会いですね。
    不思議なところでつながっている。

  • 2016.7.2
    少年野球チームに臨時でやって来た監督。厳しい指導でなく良いところを褒めて伸ばしてチームをまとめるやり方に、2軍チームは少しずつ腕を上げていく。
    その監督は、高校時代は強豪校のメンバーで、同期で2人もプロが出ている。…


    全9話。全てが少しずつつながっている。ある人がある人から影響を受け、その人がまた別の誰かに影響を与えていく。
    出会いって大事だなと思った。日本に初めてやって来た中国人の話は日本という国が誇らしくなって読んでて嬉しくなった。

  • 全部つながっていることに途中から気付きました。
    ざっと読み返して、おお!と感動☆

    「苦悩」こそが私を幸せにしてくれる、という話をここで聞けると思いませんでした。スピリチュアル的だと思っていたけれど、よく考えると普通のみんなの人生に当てはまることなんですよね。普段は忘れてしまいますが、辛くなった時に思い出したいです。

  • 登録番号:11505 分類番号:913.6キ

  • 大好きな喜多川さんの本です。9つの短編集と見せかけて、少しずつ繋がっています。この本を読むと、人との繋がりでこの世界は成り立っているんだと改めて気づきました。作者の「世の中は出会っていない人も含めてすべての人がつながっているのです。」というあとがきに納得しました。人との出会いを大切にしたいと改めて感じる事ができる喜多川さんの本が大好きです。読み終わった後に、心が温かくなります。誰かにおすすめしたくなります。大事な物を忘れかけたときにまた読みたいです!

全31件中 1 - 10件を表示

One Worldのその他の作品

One World Kindle版 One World 喜多川泰

喜多川泰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
喜多川 泰
村田 沙耶香
宮下 奈都
喜多川 泰
ジェームズ アレ...
西 加奈子
三浦 しをん
又吉 直樹
佐々木 圭一
泉 ウタマロ
有効な右矢印 無効な右矢印

One Worldを本棚に登録しているひと

ツイートする