読むだけで、人づきあいが上手くなる。

著者 : 杉山崇
  • サンマーク出版 (2015年9月7日発売)
2.25
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • 10人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763134387

作品紹介

仕事・友だち・恋愛・近所づきあい…、あらゆるコミュニケーションに役立つシンプルな対処法とは?

読むだけで、人づきあいが上手くなる。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016/5/22

    自分と相手と話題の関係を三角形に例えて、掛け算の原理を使うのはなるほど。生徒に話せそうだな。

    「群れの破壊」、「共感できない話題」、「上から目線の言葉遣い」、「同情欲求の対処法」なんか特に面白かったな!

  • 自分、話相手、話の内容を頂点とした三角形としてとらえ、
    各々の辺をかけあわせた時、+になるようにすれば会話が盛り上がると説く。

    例)嫌いな人の話で盛り上がる
    ①自分ー話の内容(対象):マイナス(嫌い)
    ②相手ー話の内容(対象):マイナス(嫌い)
    ③自分ー相手:①x②=プラスなので、
    三角形をプラスにするため自動的にプラスになる
    → 話が盛り上がる

    他者を決めつけることで、自分はすべてわかっている
    自分は正しいと思い込みたい
    → 相手を見る余裕がなくなる(自信がない、ストレス耐性が弱い)

    コツ
    ・気まずくなったと思ったら、とにかく仕切りなおす
    ・高級ホテルのホテルマンになりきれば好意は伝わる
    (会話しなくても笑顔で会釈する等)
    ・相手の尊敬できる部分を話題にする
    ・話題に1つの感情を乗せることで自己開示になる
    ・効果的に感情表現するコツはメリハリ
    ・人は人の中で傷つき、人の中で癒される

全2件中 1 - 2件を表示

読むだけで、人づきあいが上手くなる。のその他の作品

杉山崇の作品

読むだけで、人づきあいが上手くなる。を本棚に登録しているひと

ツイートする