読んだら忘れない読書術

著者 :
  • サンマーク出版
3.57
  • (186)
  • (475)
  • (405)
  • (105)
  • (27)
本棚登録 : 3577
レビュー : 686
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763134509

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • How to read a book を読んでいれば、この本はその劣化コピーに過ぎないことは、すぐにわかる。著者の他の著作「アウトプット大全」などと重複している記述も多く、あまりお勧めできません。

  • 目的:最近いろんな本を読むけど、読んだあとのアウトプットが大事だと思って借りた。

    心に残ったポイント:
    ざっと読んで得たい情報があるか全体的にチェック。その後始めから読んでいけばよい。
    確かになー。何も最初から読まなきゃいけないなんて決まりはない。まずは全体を把握してから詳細に入る。これ基本かも。

    行動:
    定着させる方法は、他人とシェアするとか、本に書き込むとか、ちょっと私にはハードル高い方法しかなかった。とりあえずはこのブクログに登録してみて、記録を取ることから始めようかと。

  • タイトルにひかれ購入。

    アウトプットが大事だと言われているが、
    その前提に圧倒的なインプットの量が大事だと述べています。
    そのインプットに役に立つのが、読書です。
    読書するときに、アウトプット前提にインプットすることを推奨しています。


    読書の重要性
    読書することで、ライバルに差をつけることができます。
    例えば、月に7冊読むだけで、読書量において、日本人の上位4%に入ります。
    さらに、ストレスの研究では、読書は68%音楽視聴は61%コーヒーは54%散歩は42%ストレス軽減効果が見られます。読書が一番高いストレス解消効果を得れるんです!!

    人間の能力は脳を鍛えることによって、一生伸ばし続けることができる。
    何をすればいいのか。それは、読書と運動

    読書することは、他人の経験を擬似体験できます。
    1人の経験では時間も制限さえますが、他人の経験を本を読むことによって、学んでいけます。そうすることで、最短距離ですすんでいけます。


    読書の最終目的は?
    それは自己成長。自分が学びたいこと・足りないものを読書で学ぶことができる。
    じれを実践することで、成長していくが、忘れては意味がないことです。。

    ・忘れない読書をするために
    「最初のインプットから7ー10日以内に、3ー4回アウトプットする」
    脳が忘れようとしない情報は、「何度も利用される情報」「心が動いた出来事」です。

    何度も利用される情報とは1週間に3回アウトプットされる情報

    アウトプットする方法4つ
    ①本を読みながら、メモをとる、マーカーでラインを引く
    ②本の内容を人に話す。本を人に勧める
    ③本の感想や気づき、名言をSNSでシェアする
    ④SNSにレビューを書く

    また、本を読んだあとの定義は
    「内容を説明できること」「内容について議論できること」

    これからブクログで実証していきます!!

  • 樺沢紫苑さんの本を初めて読んでみました。

    たとえたり、伝える発想力が面白いので、文章が面白い。この人の話をもっと聞きたい!と楽しく読み進められる本でした。

    紹介される読書術はいままで、他の方が紹介してきたものと特筆して違いはないですが、それぞれのタイトルの付け方が秀逸で、楽しいから読む。っていう素直な流れになります。

    映画好き、とか札幌出身とか、キャラがわかるお話もファンをつくるのが上手だなと思いました。

    あとは、この作家さんいいな、と思った後のおススメ読書へのワクワクを繋げてくれる巻末の紹介も充実しているので、あたり読書。

  • 読書のメリット 記憶に残る読書術 本の選び方 全てが書いてあり、これから多くの本を読もうって方はまずはこの本がオススメです! 自然と読書に対するモチベーションも上がります!


    アウトプット読書術
    1週間で3回アウトプットした知識は忘れない
    深読読書術
    速読ではなく深読 議論できる水準で読む
    隙間時間読書術
    制限時間を設けることで 脳内物質が記憶に残してくれる

    仕事に対する大抵の悩みは読書で解決できますよ!

  • アウトプットがんばります\(^o^)/

  • 読書記録です。まだの人は読まなでね。

    同時進行で「東大読書」も読んでます。凡人の私にとって、書いてあることはほぼ同じ(としか理解できなくて。両著者の方、伝えたいことが伝わらない読者でごめんなさい。)
    うれしかったのは、ほぼ無意識で本を読むときにしていたことが推奨されていたこと。まずは、ココで読書記録を書く事です。書評や書店のポップとかで気になった本を手当たり次第に読むので、ハードで(借りて)読んだ本を文庫で(買っちゃった)…なんてことがザラにあって。うっかり防止のためなんだけどね。

  • 本を読んでも衝撃的な面白さとかそういうものでないといつも内容を忘れてしまってぼやーっとしか内容を覚えてないことが多くてタイトルに惹かれて読んでみました!

    インプットしたらアウトプットすることが大切で、先生によると一週間に3回アウトプットすること/大切なところをマーカーで引く、またはメモをとるマーカーは一冊に3つでもよい!/楽しく読む!などなど、が書いてありました!
    教科書的な感じで読むと良いんだな〜!たしかにインプットされやすいもんな〜!!

    読書してSNSで記録して何度か見直していると週3回アウトプットできている気がします。

    この本を読むと、読書しないなんてかなり損だ!なんて気持ちになりました笑
    もっとたくさん読んで自己投資から周りにも広めていけたりしたら素敵だなと思います!
    この本の中によく書いてあった、読んで血となり肉となるというところが印象的でした^_^

  • 3回目読了。

    これはかなり楽しい。
    読みやすい。
    また読みたくなる。

    ①1週間に3回アウトプットするつもりで読め。
    私なら
    1 本を読むときにマーカーでラインを引く。書き込み
    2 紙にメモ
    3 人に話す
    4 ブクログに本の感想を書く
    この中から3つやればよい。
    人に話すのはハードルが高いから、このような感想を書く場所があるのはありがたい。

    ②読書に必要なもの
    マーカー
    ボールペン

    ③本当に必要だと思えるところ3つだけ見つける。
    その前に何のためにこの本を読むのか、
    意識してからページをめくり始めることも大切。
    本が好きなだけに、だらだら読みになってしまうから。
    結果頭に入らないんだよね。
    小説とかならいいんだけど。

  • 読書が好きなんですが、時間が経つと内容をほとんど覚えていないなんてことがよくあったので気になって読んでみました。
    インプットした内容はアウトプットを数回することで人間の脳に定着しやすくなるのだそう。ただいざアウトプットしようとすると、言葉選びや内容の見直しなど、意外と気を使いますね〜

全686件中 111 - 120件を表示

著者プロフィール

精神科医

「2018年 『人生うまくいく人の感情リセット術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

読んだら忘れない読書術のその他の作品

読んだら忘れない読書術 Kindle版 読んだら忘れない読書術 樺沢紫苑

樺沢紫苑の作品

ツイートする