長く健康でいたければ、「背伸び」をしなさい

著者 :
  • サンマーク出版
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763134547

作品紹介・あらすじ

たった三〇秒の習慣が、健康でいられる時間を大幅に長くする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 姿勢の大事さが書かれています。

    健康は出来ることを日常の中で気を付けていくことが大事ですね。

  • チェック項目8箇所。私たちの体は、過度な負担がかかるから不調になるのであり、その負担を取り除いてあげれば、ちゃんと健康になるようにできています、それを実現する最重要ポイントが「背伸び」なのです。いたずらに医者や薬に頼ろうとする人は、「自分で治す意識」が低い人なのではないでしょうか、そういう人は病院を訪れると、口では治してくださいと言いますが、自ら治そうとは考えていないので、慰謝が栄養指導をしたり、禁煙をすすめたりしても、なかなか実行できません。体のさびをチェックする三つの方法 ①正座ができない人 ②かかとをついたまま、しゃがめない人 ③背中で手をつなげない人 人間の体というものは、よく使っているところほど長く使えるものです、日頃から体を動かさずにいれば、使わない関節はどんどんさびついていきます、そうなれば、あなたの体の使用期限は着実に短くなります。本来寝返りというのは健康的な眠りには絶対に必要なものといえます、言ってみれば、一日の間にたまった疲れや体の歪みを、寝ている間に矯正してくれる「本能的なストレッチ」のようなものです。大事なのは、同じ太ももの筋肉を鍛えるのトレーニングを行うにも、姿勢を整えて、インナーマッスルをきちんと意識してから筋肉を鍛えること、そうすれば筋力とバランス能力をともに向上させることができます。運動を「量」ではかろうとすると、習慣化したり、身につけたりするのはむずかしくなってしまいます、大切なのは、運動の「量」ではなく、「習慣」なのです。背伸びには、体をまっすぐにして伸ばすという物理的な意味合いのほかに、自分の実力以上のことにチャレンジするという精神的なとらえ方もあります。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

姿勢治療家。仲野整體東京青山院長。柔道整復師。柔道整復師認定スポーツトレーナー。JATAC認定アスレチックトレーナー。介護予防運動指導員。大正15年創業、仲野整體の4代目として「姿勢道」を普及。

「2013年 『座り方を変えれば、身体の疲れがイッキに取れる!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長く健康でいたければ、「背伸び」をしなさいのその他の作品

仲野孝明の作品

ツイートする