見てる、知ってる、考えてる

著者 :
  • サンマーク出版
3.59
  • (20)
  • (48)
  • (43)
  • (8)
  • (4)
本棚登録 : 526
感想 : 68
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763134776

作品紹介・あらすじ

ネットでつぶやく言葉が「深すぎる…」と話題沸騰!10歳の男の子が書いた自己啓発本!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 10歳の子に負けてしまった。
    だってこんなに自分の言葉を持ってないです、私。

    ハッとさせられる言葉が多い。
    思ってても自分じゃ表現できてないのに、芭旺くんに言われてドキッとする。
    どんな人になっていくんだろうな~

  • 10歳でここまでとは。現在12歳の僕でも、感心する。
    僕の偏見だけれど、大人でもこれほど、物事を深く考えられる人はなかなかいないと思う。

    大人になったとき、どれほど成長しているのか楽しみだ。

    僕も負けないように頑張らないと!

  • 僅か10歳の男の子による、
    彼のための純粋で力強いメッセージ集。

    親の2度の離婚、学校でのいじめ、転校、不登校、
    このような経験を通しても、
    彼の言葉は明るく、活力に満ち溢れている。
    むしろ、このような経験が、
    彼に生きることの意味を強く意識させたのだろうか。

    内容もさることながら、執筆に至る経緯もすごい。
    お母さんのフェイスブックアカウントを勝手に使い、
    出版社の編集長へ直接メッセージを送ったという。

    -------
    小学校に行かないで自宅学習をしながら、
    好きな人に会いにいって好きな人から学ぶ、
    学びたい事を学ぶ、ワクワク優先で学ぶ をやっています。
    -------

    自己紹介からインパクト絶大。
    誰かが聞いたら、わがままだと感じるかもしれない。
    ちゃんと学校に行きなさいと言うかもしれない。
    しかし、そこにはしっかりと回答もある。

    -------
    わがまま言うなっていうのは
    他人になれって言っているようなもの。
    他人になれば自分はなくなる。
    他人の状態で伸ばしていくってどういうことなの?
    -------

    いつか自分が親になったら、
    子供の、自分が好きなことをやる勇気 を
    伸ばしてあげられる親になれたらいいなと思った。
    もちろん、礼儀 マナー 同調の必要性 を説いた上で だ。

  • これは一般書だよね、児童書では決してないよね
    10歳の児童が書いたからと言ってね
    すごいなあ、これだけの言葉を紡ぐなんて
    とは思ったけれど、背筋がうすら寒くなってしまった
    芭旺君は幸せだろうか?
    頭で言葉を紡ぐのではなくいろんな体験を通してナマの言葉で語ってほしいとばーさんは思うのです
    10歳でママに感謝なんてしなくていいんだよと
    どうか大人に振り回されませんように
    ≪ 僕はぼく だけど仲間も 大事だよ ≫

  • この子すごい。子供とは思えない。
    娘と同じ歳の子なのだけど、ストレートに言葉が飛んでくる。
    誰か乗り移ってるか神がかってるとしか思えない。

    すごかったけど、なんかこの子が怖かった。

    こんな小さい子が死を意識していたり、お母さんに精神的に救いを求めたり…
    感謝という言葉を操ったり。

    同じくらいの子を持つ母としては妙に不安なざわついた気持ちになりました。
    不安型の愛着障害があるのではないかな。

    この子は学校に行っていないそうです。
    そしてきっととても頭がよいので、大人の世界で生活しているうちに頭のいい大人がたどりつきそうな答えを自分で見つけてしまっているような気がします。

    素直にすごいと思ったけど、私はこの本から誰かに何かを感じてほしくないし、人に勧めたい本ではない。

    ばお君は椎名誠の岳物語の岳君と同じ年なので、もし興味があればご一読ください。
    真逆な感じにびっくりします。




    追記
    結局お母さんと離れて、この春からお父さんの住む九州の都市に戻り学校通うことにしたと、何かの記事で読みました。
    お母さんの愛情に執着せずに普通の子供らしい生活を取り戻したのだとしたら私はそのほうがよかったと思います。

  • 私が大人になってやっと気付けたことをバオくんは10歳という若さで言葉にしていて、「バオくん凄いなぁ」という言葉しか出てこない。

    文量は全然ないので、隙間時間にサッと読めちゃうような本ですが、きっと心にささる一言が見つかるはず。

    勇気を出したい時に読みたい本です。

  • 世界中みんなが自分であるということは
    正解がないということ。
    正解のない世界で生きていく僕達は、
    好きなことをやる勇気が必要だ。

  • 話題の本ということで読みました。
    ここにレビューを残すかなり前に読了して、再度読み直しました。
    自分が10歳のころ、こんなにしっかりとした考えを持っていなかったなぁと。
    芭旺くんのすごさもさることながら、お母さんの影響もかなりあると思います。
    子供が考える環境、考えられるよう待つ時間…自分が子育てする立場になったときにできると思えない。

  • 自分を大切にしよう。
    話はそれからだ。

    好きです(*^^*)次回作も期待!

    と思ったらツイッターのアカウント
    消えてたのはなぜだろう...
    大人の事情?

全68件中 1 - 10件を表示

中島芭旺の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
村田 沙耶香
ミヒャエル・エン...
スティーヴン・ガ...
リンダ グラット...
松下 幸之助
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×